地方移住×転職について2万人にアンケート調査を実施!経験者の年収変化や満足度は?移住体験者の座談会で生の声も聞いてみた。 #地方移住 #転職 #移住体験談 #年収

株式会社カケハシ スカイソリューションズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中川 智尚)は、各業界の転職環境やキャリア形成について、専門家への独自取材に基づいた情報を届ける『転職hub(ハブ)』にて「地方への移住と転職に関する調査」を実施した。

「地方への移住と転職に関する調査」の詳細記事は以下のリンクから読めます。
https://www.kakehashi-skysol.co.jp/media/post-6005/

■この記事でわかること

●25~59歳の男女2万人に移住への関心について調査
・実際に移住と転職をした186人に移住後の生活について聞いた結果
・コロナ禍以降に地方への移住を検討したか
・移住検討にコロナ禍の状況は影響したか
・移住検討にあたりどんな行動をしたか
・移住に伴う転職状況と業種の変化
・移住×転職後の年収と生活費の変化
・移住×転職後の満足度
・移住後に感じたメリットとデメリット(ランキング化)

●経験者による座談会
・経験者1:移住直後は年収ダウンもキャリアを積んでリカバリー
・経験者2:移住・転職・結婚を同時に経験。異世界転生した気分
・座談会:経験者が語る「地方移住のカタチ」

■地方移住アンケート調査概要
<調査概要>
調査名 :地方への移住・転職に関するアンケート調査
調査方法:アイブリッジ株式会社「Freeasy」を用いたインターネットリサーチ
調査地域:全国
調査期間:2022年12月5日~12月16日
調査対象:25~59歳の男女2万人

■地方への移住アンケート調査の結果

地方移住を検討したうち52.0%にコロナ禍の状況が影響

今回の2万人調査で「移住を検討した」と回答したのは2700人いました。
コロナ禍の状況が検討のきっかけになるかを聞いたところ、「きっかけになった」と答えた人が21.5%、「やや影響した」と答えた人は30.5%で、合計は52.0%となりました。
移住検討者の過半数にとってコロナ禍の状況がきっかけになったことがわかります。

移住先の状況で気になるのは住居が1位

移住を検討するにあたって実際に起こしたアクション(選択肢より複数回答)

1住居について調べた37.7%
2転職情報を調べた29.4%
3子どもの教育環境について調べた17.6%
4移住に向けて家族と具体的な相談をした14.8%
5引越資金の貯蓄をはじめた12.5%
6移住のための相談窓口を利用した11.8%
7移住に特化した転職サイトを利用した11.7%

移住にあたり、まずは住居について調べたという人が37.7%ともっとも多い結果になりました。
また「転職情報を調べた」という人が約3割と、移住に際して転職も一緒に検討する人が一定数いることもうかがえます。

1 2 3 4

ライター

目次
閉じる