瀬戸田・しおまち商店街の賑わい創出のため「空き物件活用プロジェクト」を始動 #商店街活性化 #空き物件活用 #しおまち商店街

目次

店舗と住宅兼宿泊の建築ユニット「ショップハウス」建設のため、JR西日本をはじめ複数企業からの資金調達を実施した。

株式会社Staple(代表取締役:岡 雄大)の子会社である株式会社しおまち企画(代表取締役 :小林 亮大)は、しおまち商店街を活性化するプロジェクトとして、店舗と住宅兼宿泊が一体化した建築ユニット「ショップハウス」の開発を始動した。プロトタイプとなる2店舗の開発資金として、株式会社JR西日本イノベーションズと複数の地域事業者から資金調達を実施。まずは2棟を皮切りに、瀬戸田で10棟を超える規模感での開発を目指して資金調達を継続的におこなっていく。

(左) Azumi Setoda/(中央左)SHOP HOUSE 新築型/(中央右)SHOP HOUSE リノベーション型/(右)SOIL Setoda
  • しおまち企画について

株式会社しおまち企画は、ローカルに根ざしたまちづくり会社として、2019年より瀬戸田での事業を行ってきました。過去3年にわたり、尾道市・せとうちDMOと共同開催をしてきた「しおまちとワークショップ」では、しおまち商店街の皆様、地域の方々、地域内外の事業者とともに、瀬戸田をよりよいまちにするための議論を重ねてきました。そのワークショップでの議論から生まれたのが、2021年4月瀬戸田港の目の前に開業した「SOIL Setoda」です。「街のリビングルーム」というコンセプトを掲げ、日々国内外の観光客や地域住人の方々をお迎えしています。

参考リンク:「住みたい街しおまち」プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000070170.html

1 2 3

ライター

目次
閉じる