2023年引越しシーズン(1~3月)における賃貸不動産仲介会社・入居希望者の動向予測 #賃貸住宅 #引越し #アンケート調査

リーシング・マネジメント・コンサルティング株式会社(以下 LMC、本社:東京都港区、代表取締役社長:齊藤 晃一)は、1月24日「2023年における賃貸不動産仲介会社・入居希望者」の結果を公表。 
※本データは、2022年12月1日(木)~12月26日(月)の期間に弊社で実施した首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)と大阪市・名古屋市所在の賃貸不動産仲介店舗405社に対するアンケートをもとに集計。

これまで賃貸不動産業界では、FAXでの申込や対面での契約・重要事項説明を行っておりましたが、
2017年10月より解禁された「オンラインによる重要事項説明」(IT重説)、2022年5月より解禁された「電子契約」やコロナウイルスの影響を背景に非対面での契約手続きの高まりもあり、賃貸不動産業界でもDX化を推進している傾向がわかる結果となっております。

【調査結果】

■賃貸不動産DX化の1つであるweb申込の増加(図表①)
Q. 全体の申込数の内、Webでの申込はどの程度の割合で行われていますか?

従来はFAX等での申込が主流だったが、Webの利用頻度について3割以上との回答が74.8%と、多くの申込時にWebが導入されていることがわかる。
なお、内見の予約やIT重説についても前回調査時から利用割合は増加しており、普及が進んでいる。

図表①

n値=405

賃貸不動産業界において電子契約が増加している(図表②)
Q.2022年5月中旬以降賃貸物件の電子契約が解禁されましたが、電子契約を行ったことがありますか?
昨年実施した電子契約解禁直後の調査では、電子契約の経験がある賃貸不動産仲介の担当者は15.4%だったが、今回調査時、47.9%と大幅に増加している。
今後もより一層申込から契約までのプロセスでWeb化が加速することが予想される。

図表② 

n値=405

■インターネット環境について速度や種別にこだわる意見が増加(図表③)
コロナ禍以降、テレワークを実施している企業が増加したことやステイホームが推奨されたことによって、各家庭のネット環境について多くの関心が寄せられていた。
これまでも回線速度については、速さを求める意見が多く挙げられていたが、今回調査ではより具体的なネット回線に対する意見が挙がった。
今後も入居希望者のネット回線に対する注目度は高いことが予想される。

Q.インターネット環境を気にするお客様の内、要望として挙がることの多い内容をお教えください。
インターネット無料を求める意見が最も多い回答となった。一方で、「光回線」や「NURO光」「1Gbps」など回線速度や種別にこだわる意見も多い結果となった。テレワークや家で過ごす時間が増加したことにより、より具体的なインターネット環境、回線速度を求める意見が今後も増加すると予想される。

図表③ 

n値=405

1 2

ライター

目次
閉じる