“March”(マーチ)に“8”のヤで「マ・チ・ヤ」。京都・金沢・大津・姫路を始め全国で町家の魅力に出会える「町家の日 2023」を開催 #町家 #古民家 #町家の日

目次

全国から一緒に「町家の日」を盛り上げる参加団体を募集中!景観と文化を次の世代に紡ぐきっかけに!

町家や長屋・古民家など、その数が減少している日本の伝統的な建築物の魅力を伝える「KEnoHARE -ケのハレ-」(https://www.kenohare.com/)を展開する株式会社一丁目一番地(代表取締役:中村星斗、本社東京都渋谷区)が協力する『町家の日 2023』が2023年3月8日(水)に開催される。

後援:京都市、公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター、公益財団法人京都市観光協会、サッポロビール株式会社

また、町家の日の前後土日を含んだ3月4日(土)〜3月12日(日)を町家WeeKとし、全国各地で町家を起点にしたさまざまな取り組みを実施。参加する団体の募集をはじめる。

「町家の日」とは、1日に2件の町家が姿を消している状態を改善したいと、町家の保全と流通を推進する市民ネットワーク組織「京町家情報センター」主催で、2017年にはじまった取り組みです。京都の町家“京町家”が有名ですが、京都に限らず、全国に残る町家(町屋・長屋・商家など)の魅力を発信すべく、毎年3月8日を「町家の日」に設定。京都を中心に、姫路・金沢などを巻き込み、まだまだ町家に興味を持てていない人たちに対して、町家に興味を持ってもらうきっかけづくりをおこなってきました。

7年目にあたる2023年は、初めて対象の地域を近畿・北陸以外にも拡大。全国各地の城下町や宿場町、寺内町のように町家が残る地域でも催しを開催する予定です。町家の日の期間中は、町家のアートギャラリーや、伝統工芸のワークショップ、お茶会など各地でイベントが開催されます。また、全国から町家川柳を募集します。

とくに京都・金沢・姫路・大津では、町内で同時並行でイベントを実施。京都では2022年同様、大型京町家の見学会など、普段一般公開されていない京都市指定有形文化財に触れ合うことができる予定です。

町家の日を通して、町家の魅力、世界に誇る日本の文化を私たちが見つめ直し、日本に残したい風景と心を未来につなぐきっかけを作っていけると嬉しく思います。

■ 町家の日について

町家の日とは、京町家を借りたい人、貸したい人、買いたい人、売りたい人のための市民ネットワーク組織「京町家情報センター」主催で、2017年からはじまった取り組みです。
“京町家”に限らず、全国に残る町家(町屋・長屋・商家など)の魅力を発信すべく、毎年3月8日を「町家の日」に設定。京都はもちろん、姫路・金沢など、全国各地の町家を巻き込み、まだまだ町家に興味を持てていない人たちに対して、その前後複数日にわたって、町家に興味を持ってもらうきっかけづくりをおこなっています。

・開催期間:2023年3月4日(土)〜3月12日(日)
・場所:全国各地    *開催概要は(https://machiyanohi.jp/)に更新されます
・開催内容:町家をアートギャラリーに活用、伝統工芸のワークショップ、お茶会など
・URL:https://machiyanohi.jp/
・主催:町家の日普及実行委員会
・協力:株式会社一丁目一番地
・​​後援:京都市、公益財団法人京都市観光協会、公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター、サッポロビール株式会社

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる