-冬の住まいの悩みに関する実態調査-冬の住まいの悩み1位は「光熱費の高さ」、続く2位は「室内の寒さ」約8割が近年の光熱費高騰に不安を持っていることが判明!若い世代ほど悩みの対策をする傾向に #光熱費 #省エネ #意識調査

目次

省エネリフォーム経験者の8割以上が家計の節約効果を実感している!省エネリフォームに補助金があることが知っている人はわずか2割の結果に

住宅の建築からリフォーム、マンション大規模修繕まで、建物の価値を強くする株式会社カシワバラ・コーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役:柏原伸介)は、より快適な住まいを考えるきっかけづくりを目的に、「冬の住まいの悩みに関する実態調査」を全国の 20歳~69歳の男女600名を対象にインターネットにて実施した。本調査は一般の方を対象に行われたもの。

一方、省エネリフォームに補助金があることを知っている人はわずか2割の結果に住宅の建築からリフォーム、マンション大規模修繕まで、建物の価値を強くする株式会社カシワバラ・コーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役:柏原伸介)は、より快適な住まいを考えるきっかけづくりを目的に、「冬の住まいの悩みに関する実態調査」を全国の20歳~69歳の男女600名を対象にインターネットにて実施しました。本調査は一般の方を対象に行われたものです。

【調査概要】
■調査内容:冬の住まいの悩みに関する実態調査
■調査期間:2022 年12月10日(土)から12月11日(日)
■調査対象:20歳~ 69歳の男女600名
■調査方法:インターネット調査
■調査機関:シグナルリサーチ

調査結果サマリー
■冬の住まいの悩み、1 位は「光熱費の高さ」、次いで「室内の寒さ」。
 築年数が長い住宅ほど、悩みがある傾向に
若い世代ほど冬の住まいへの悩み対策をしていることが判明!

■近年の光熱費高騰で「住まいの省エネ化」に関心が高まる!
冬の光熱費高騰に不安を抱く人が多い中、約半数が省エネリフォームの関心度が上がったと回答

■省エネリフォーム経験者の8割以上が家計への節約効果を実感!
オススメする理由は、冬の住まいの悩みを解決するためだった!?

■マンションでも省エネリフォームができることを知らなかった人は8割
マンションはLED 照明の交換や節水型トイレの設置など小規模リフォームが人気

■省エネリフォームに補助金があることをの知らない人の割合は…
冬の住まいの悩みへの対策をしていない理由、6割が「費用がかかるから」と回答
一方、省エネリフォームに補助金があることを知っている人はわずか2割の結果に※調査結果をご利用いただく際は、必ず「カシワバラ・コーポレーション調べ」と明記ください。
※小数点第二位を四捨五入しているため、合計が100%にならない場合があります。
※本調査における「省エネリフォーム」とは、室内における暑さ、寒さなどの快適性向上(熱的快適性の向上)及び、暖冷房や給湯などの設備機器で消費するエネルギーを少なくすること(省エネルギー)を目的として実施するリフォームを指します。

冬の住まいの悩みについて
  • 冬の住まいの悩み、1位は「光熱費の高さ」、次いで「室内の寒さ」 築年数が長い住宅ほど、悩みがある傾向に
  • 若い世代ほど冬の住まいへの悩み対策をしていることが判明!

対象者約600 名に対し、「現在冬の住まいに関する悩みはありますか」という質問をしたところ、1位は「光熱費が高い」の43.2%、2位は「室内が寒い」の32.2%という結果となりました。築年数別で回答を見ると、築年数3 年未満の住宅に住む67.7%の人が悩みがある状況に対し、築40年以上の場合、81.1%に上がり、 築年数が長いほど、冬の住まいに対する悩みがあることが分かりました。

1 2 3 4

ライター

目次
閉じる