佐賀県唐津市に「食」「学」「経験」を提供する『子ども食堂』がオープン!2023年1月14日より営業を開始 #子ども食堂 #食料支援 #古民家

目次

収入や居住地域による教育格差をなくすための第一歩として支援を開始

小・中・高校生向けの参考書の出版やオンライン授業配信を行っている一般社団法人Next Educationは、佐賀県唐津市において、世帯収入が低く、食や教育、経験が十分に行き届かない子ども達や、保護者の仕事の都合で一人で自宅にいる子ども達を支援するために『子ども食堂』をオープンいたします。
この食堂は、食事だけでなく、子どもたちが安心して前向きに勉強に取り組める環境や教育コンテンツ、地域住民や同世代の子どもたちとの交流を通した経験などを提供します。
本プロジェクトは、佐賀県唐津市に寄せられたふるさと納税の寄付金の一部や、クラウドファンディングでの資金援助を受けて実施されるものです。

  • 背景

昨今、インターネット環境の普及や新型コロナウイルス蔓延による学級閉鎖などを受け、教育の場は一部オンラインに移行しつつあります。無料でも良質なコンテンツを提供する事業者も増え、学習希望者は学校の授業のほかに、自分でさまざまなコンテンツを選び組み合わせながら自分自身にあったスタイルで学習を進めることができるようになりました。

一方で、家庭の貧困によって、インターネットにアクセスできる環境がないことや、日々の生活で困窮して学習に集中できない、居住地域の人口減少によって子ども向けの学習サービスが不足しているといった環境下に置かれている子どもたちもいます。
当団体の調べによると、佐賀県唐津市では人口減少のほかにも、約7人に1人の割合で貧困と認定される世帯・家庭が発生しています。
このような背景を受け、学習のためのコンテンツ提供だけではなく、身体の資本となる「食」や、安心して学習に取り組める「場所」の提供など、貧困世帯の子どもたちを総合的に支援をする『子ども食堂』をオープンいたします。

  • 子ども食堂の概要

「食」「学」「経験」の3つの側面から総合的な支援を実施いたします。

食:地域の生産者や各事業者からの提供をもとに、成長途上にある子どもの身体にとって資本となる食事の提供を行います。また、家族と生活リズムが合わず「孤食」になってしまっている子どもたちも対象としています。食事を提供するだけではなく、大勢で食事をする楽しい時間や、フードロス問題や食糧生産の難しさやありがたさといった食育、後片付けを通した家庭科教育なども同時に推進していきたいと考えております。

学:教室約3個分の広さのある古民家をリノベーションし、教育に向き合える環境を提供いたします。また、当団体がこれまで培ってきた教育ノウハウをもとに、子どもたちの学習意欲を引き出し、わからないことを安心して聞くことができるようにサポートを行います。学習の基礎となる学校の宿題に落ち着いて取り組める環境の提供、学習進度に合わせた自主教材の提供に加え、学ぶことの動機づけのお話などを通して、自学自習ができることも目指しています。

経験:感性や情緒の成長において、さまざまな人との関わりや経験も重要であると私たちは考えています。当団体の子ども食堂は、小学校1年生〜中学校3年生までのさまざまな年齢の子どもたちが同じ場所ですごすことで生まれる子ども同士の交流のほか、食堂に出入りする大人とも関わりを持つことができるコミュニティとしての役割も兼ねています。また、さまざまなバックグランドを持つ大人・企業様を講師(せんせい)として呼ぶ特別課外授業の実施も検討中です。
※営業開始時点では「食」の提供のみとなります。

※「学」と「経験」については、随時展開してまいります。
一般社団法人Next Educationは、子ども食堂の運営を通して、収入や居住地域による教育格差を埋め、子どもたちの持つ可能性を最大限に引き出す支援を行ってまいります。

2022年12月17日(土)に行われたプレオープンの様子。カレーのほかにサラダやスープなどで栄養バランスの考えられた食事が振る舞われました。

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる