北海道産木材をいただいた量だけ森に返すikumoriプロジェクト「年次報告書2022」を公開 #北海道産木材 #ikumoriプロジェクト #SDGs

株式会社ニッシンイクス(本社:山口県周南市、代表取締役:加藤洋)は、北海道産広葉樹を使用し、使った分量に見合う広葉樹を再び北海道に植樹するエシカルインテリアブランドikumoriプロジェクトの「年次報告書2022」をikumoriサイト【https://ikumori.jp/】にて公開した。

2021 年「森からいただいた広葉樹をいただいた量だけ森にお返し」を掲げスタートした「ikumori プロジェクト」。2022 年6 月30 日で第1 期を終え、2022 年7 月から2023 年6 月までの第2 期を迎えております。2021 年10月に第1 回の植樹で始動し、同年12 月よりikumori製品の販売を開始いたしまして、たくさんの反響を頂戴しております。さる2022 年10 月15 日、第1 期のikumori製品販売実績に基づき第2 回の植樹を完了いたしました。これに伴い年次報告書2022を公開いたします。
「ikumori」は林業関係者、製品生産者、販売者、購入者と、様々な立場の方々にご賛同いただいて進めるプロジェクトです。この報告が皆様とのコミュニケーションの一つとなり、息の長い広がりのある活動の一助となること
を願っております。 
          

【年次報告書2022】

主な内容
1 ikumoriプロジェクトとは/SDGsとの関連性
2 ikumori製品の販売実績と植樹実績
3 施工事例/ユーザー様の声
4 ikumori製品のご紹介

年次報告書2022の抜粋
○ikumori プロジェクトとは

ikumori プロジェクトでは、自然に育った北海道の広葉樹をできるだけ無駄なく効率よく使用して、フローリングと内装用パネルを製造販売、製品に使用した量に見合う広葉樹を植樹します。広葉樹林の面積のバランスを維持し、より豊かな生態系を育んで将来世代に貴重な森林を引き継いでいきます。そしてikumori製品はインテリア素材を検討される方々にエシカルな製品の選択肢をご提供いたします。

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる