京都府の亀岡市内の歴史文化資源をデジタルデータ化して記録・保存する「亀岡市デジタル文化資料館構築業務」事業の実施が決定! #メタバース #地方創生 #デジタル文化資料館 #亀岡市

目次

〜メタバースを活用した地方創生プロジェクト〜

株式会社stu は、ローカル5G、XR、メタバースといった先端技術開発や開発した技術を駆使した空間演出・コンテンツ制作まで手掛ける新興クリエイティブカンパニーです。この度、京都府亀岡市のプロジェクトである「亀岡市デジタル文化資料館構築業務」を受託したことを発表した。

今回のプロジェクトは、亀岡市文化資料館が所蔵する文化財をはじめ、市内各地の伝統芸能・祭事・風習・自然などの歴史文化資源をデジタルデータ化して記録・保存する、ホームページおよびメタバースのプラットフォームを構築するものです。京都府有数の農地である亀岡市周辺地域は、奈良時代から豊穣の地として重視され、多くの寺社が建立されました。また、源義経、足利尊氏、明智光秀が戦いの拠点を置くなど歴史に銘記される大事件の裏舞台でもあったことから、数々の貴重な文化財が残されています。そんな亀岡の豊かな地域資源や歴史、文化の保存とともに、その魅力を国内外の人々に伝え、また、これらを新たに生み出し継承していく人材が育つ持続可能な街づくりを目指し、本事業の実施が決定しました。

stuと株式会社乃村工藝社が協働で進める本プロジェクトは、“亀山城下町内外のくらしと歴史”、“保津川と古都・京都とのつながり”、“国分寺と仏教文化”を主軸に、大正時代に爆破・破却となった亀山城をメタバース空間で復元するなど、タイムスリップしたような体験ができる空間設計を行う予定です。また、その空間内にデジタル文化資料館などの施設を作り、魅力を伝えていける仕組みも構築。23年春の公開を目指し、制作活動を進めています。

stuは、これまで手掛けてきた総合エンターテインメント企画、建築・最新テクノロジー開発・ビジュアルデザインなどの技術と知見を活かし、亀岡の地域資源、歴史文化のメタバース構築によって、まちの伝統保存とさらなる発展を推進してまいります。

  • 事業概要

本事業では、ホームページ、メタバース、データベース、ラボと 4 つの要素に分け、各要素が相互に連携するプラットフォームを構築します。メタバースを含むオンライン上での体験を通し、様々な文化財を伝えることで亀岡市の認知度向上や観光誘客、ブランド価値の向上を目指します。

【1】ホームページ
亀岡市文化資料館とデジタル文化資料館としてのホームページで、メタバースやデータベースへの入り口として位置付けます。

【2】メタバース
明智光秀が築城した丹波亀山城や城下町・円山応挙ゆかりの金剛寺をメタ―バース上に復元します。その他、貴重な文化財や保津川、農村のくらし等を再現し、メタバースならではの体験ができるコンテンツを制作します。

【3】データベース
文化資料館が所蔵する数多くの文化財をデジタルデータ化し、解説文や基本情報をあわせ、各文化財の魅力に触れられるデータベースを構築します。

【4】ラボ
2D データおよび 3D を制作できる拠点を整備し、データ化したものをメタバースやデータベース上に搭載する仕組みを構築します。

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる