空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

廃校キャンプ場が千葉で2校、2022年4月プレオープン! 教室・体育館で企業研修・ワーケーション・サークル活動も #千葉県 #廃校 #キャンプ


企業等の運動会の企画・運営を行う株式会社運動会屋(本社:東京都渋谷区・代表取締役:米司 隆明)は、千葉県横芝光町の【旧南条小学校】と君津市の【旧坂畑小学校・旧亀山中学校】2ヶ所にてキャンプ場をオープンする。

2020年7月にオープンした神奈川県南足柄市の旧北足柄中学校のキャンプ場に続く2校目・3校目となる。名称は、それぞれCAMPiece横芝光(2022年4月1日から金土日の週末のみプレオープン)、CAMPiece君津(2022年4月16日から金土日の週末のみプレオープン)。今後、段階的に利用日を増やし、教室や体育館等の施設の利用も受け付ける予定だ。

CAMPiece君津 校門

●CAMPiece横芝光I:旧南条小学校(2020年閉校)

●CAMPiece君津  :旧坂畑小学校(2021年閉校)、旧亀山中学校(2020年閉校)

詳細URL: https://campiece.com/

■運動会屋の地域共創事業

文部科学省によると、全国で毎年400校以上の学校が閉校となっているそうです。そのうちおよそ2割が放置されたままになっています。

閉校になるということは、子どもの人数が減っているということ。すなわち地域に子育て世代が定住していないということです。若い世代を呼び込む魅力をつくるため、CAMPieceを地域活性化の拠点としてキャンプ場の運営をスタートさせました。

『運動会屋が行けば、地域が元気になる!』をコンセプトに、CAMPieceを訪れた人が地域の自然に触れ、地元のみなさんとの交流を深めるとともに、地域産業の活性、観光増進、雇用機会の創出の拠点を目指します。キャンプ利用だけでなく、ワーケーションや企業研修、文化交流の場としても活用していただき、新たな魅力を発信することで、人口の流出に歯止めをかけ、流入を促進させます。

文部科学省:廃校施設等活用状況実態調査、余裕教室活用状況実態調査について

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/yoyuu_00002.htm

運動会屋では企業だけでなく町内会や福祉施設など地域の運動会のお手伝いも行ってきました。市民の方から聞こえてくる声は、運動会運営の担い手が見つからず、参加者も減っているとのこと。その原因として、時代が移り変わっても、運動会の内容が以前と全く変わっていない現状が見えてきたため、高齢者の多い地域では体力的に厳しいリレーをやめ、地域の産物を使った町おこしにつながる競技を企画するなど、時代や地域にマッチした運動会を企画提案しています。

運動会は地域のみなさんの交流の場であり、地域活性化の手段の一つと捉え、キャンプ場がその拠点となるよう、「地域共創事業」を展開しています。

■CAMPiece 3校の所在地

・CAMPiece南足柄

神奈川県南足柄市内山2586 旧北足柄中学校

・CAMPiece横芝光

千葉県山武郡横芝光町小田部1054 旧南条小学校

・CAMPiece君津(隣接する2校)

千葉県君津市坂畑223-15 旧亀山中学校/旧坂畑小学校

■CAMPiece公式サイト

https://campiece.com/

■運動会屋コーポレートサイト

https://www.undokai.co.jp/


廃校キャンプ場へ行こう!千葉で2校、2022年4月プレオープン  教室・体育館で企業研修・ワーケーション・サークル活動も | 株式会社運動会屋

https://www.atpress.ne.jp/news/301619

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP