空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

「サウナしきじ」の娘 笹野美紀恵がトータルプロデュース!京都に新開業の話題の宿「moksa」のプライベートサウナ「蒸庵」グランドオープン。日本最古の蒸湯文化からインスピレーションを受けた”3種の素材”と比叡山の地下水を。料金:税込3万5000円〜/1人 #サウナしきじ

サウナの聖地と呼ばれる「サウナしきじ」の娘・笹野美紀恵と、笹野率いる株式会社ワンブロウが、京都・八瀬の話題の宿「moksa(モクサ)」(運営:Good Life & Travel Company 株式会社)のコンセプト”生まれ変わり”の核となる体験の一つ「蒸湯」が体験できる完全プライベートサウナ「蒸庵」をプロデュースした。

美蒸

■「moksa(モクサ)」について
〜心身を癒し、生まれ変わりを体験する宿「moksa」〜
「moksa」は小山薫堂氏率いる株式会社オレンジ・アンド・パートナーズとホテル・飲食事業等を営む IMD Alliance 株式会社の合弁会社である Good Life & Travel Company 株式会社のプロデュース及び運営第一号物件として、「再生」というブランドコンセプトのもと、比叡山と高野川に挟まれた京都・八瀬にオープンした宿泊施設。
八瀬の土地が持つ歴史・文化と自然豊かな土地性を活かし、“お茶”と“蒸湯”を中心とした身体を内外から巡らせる体験を通じて、“生まれ変わり”を感じる滞在をご提案していきます。
京都のギャラリー「tonoto」協力のもと、現代作家たちと作り上げられた”民族的モダン”な館内空間。苔庭を眺めながら、お茶を楽しむことができるお茶カウンター「帰去来」、八瀬に伝わる大原女から着想を得た薪火料理を提供するレストラン「マーラ(MALA)」などが施設内で展開されます。

■プライベートサウナ「蒸庵(ジョウアン)」について
今回笹野がプロデュースした3 種の完全予約制プライベートサウナ「蒸庵(ジョウアン)」は、moksaのある八瀬に残る“窯風呂”という日本最古の蒸湯文化よりインスピレーションを受けて作られました。古くは平安時代、壬申の乱で背中に矢傷を負った大海人皇子の傷を癒すため、“窯風呂”が村人から献上されたという記録も残っています。

◎炭蒸
八瀬の小原女文化を象徴する“炭化した薪”をテーマに”無”をイメージした空間。壁面に京都墨を練りこみ黒を基調としたサウナ室が無我の境地へと誘います。

◎檜蒸
比叡山に多く自生し、仏教や神道でも神聖な木材とされる檜をテーマにした空間。木の強さと優しさの両面を感じられる空間。檜の香りを感じ、なめらかな木肌に触れ、小鳥の囀りや木漏れ陽に癒されます。

◎美蒸
空間デザイン、音楽だけではなく、特に女性に嬉しい「美」を高める機能にこだわり、体内のコラーゲンを活性化させる特殊な光を用いたミストサウナです。

サウナに欠かすことのできない水風呂には、比叡山の地下水を使用。入り方の提案から始まり、音楽・素材・香り、またゆったりとくつろげるようバスタブにもたれる際のリクライニングの角度や、頭に当たる水の水圧や量に至るまで、笹野のこだわりでオーダーメイド。血液を巡らせ、心をゆるやかに解放させるさまざまなアイデアがつまった、新しい水風呂体験ができる異空間となっています。

■「moksa」開業に向けて笹野美紀恵よりメッセージ

「Moksa」は”生まれ変わり”を体感する宿です。今回私がプロデュースいたしましたプライベートサウナ「蒸庵」は、そのコンセプトを体現する設備の一つとして生まれました。京都・八瀬の最上質の水をふんだんに使い、現時点で私が思うベストの浴室空間、サウナのデザイン、音楽、照明、香りが形になっています。特に3種のサウナのうち「美蒸」は、女性にとって嬉しいと思う機能にこだわり、導入、実現に至りました。是非体験していただき、感想をお聞かせください!

公式サイト:https://moksa.jp/
2022年3月30日グランドオープン。
住所:京都府京都市左京区上高野東山65
料金:税込3万5000円〜/1人(夕食、朝食、サービス料込)
客室数:31室

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP