空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

【April Dream】「自宅のどの壁にどんな絵を描いてもらおうかな・・」一般住宅に、当たり前に壁画がある日本の文化を創ります。この世にひとつしかないアートがある、この世にひとつしかないリノベーション住宅を。 #アート #リノベーション  #ミューラルアート

住宅リノベーション×ミューラルアートが生む新しい住宅の価値

このプレスリリースは、April Dreamプロジェクトに共感し、4月1日を夢があふれる日にしようとする事業者が、やがて叶えるために発信した夢です。


リフォーム・リノベーションのマッチングサイトmonoclaを運営するmonocla株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 山田 真史)は、暮らしを豊かにするひとつの方法として、リノベーションを通じてミューラルアート(壁画)を一般住宅に普及させ、アートが暮らしを豊かにする可能性を追求し続けている。monocla株式会社は、4月1日を夢を発信する日にしようとするApril Dreamに賛同している。このプレスリリースは「monocla株式会社」の夢にあたる。

住宅リノベーション×ミューラルアート
当社は、リノベーションを通じて一般住宅にウォールアートのひとつであるミューラルアートを取り入れる事業を行っています。
※ミューラルとは、“MURAL=壁画”から来ており、壁に描くアートのこと
内容としてはミューラルをリノベーション時に、一般住宅に施工するというものです。ミューラルが施工されている家に住むということではなく、どういうリノベーションをしようか、と考える段階で“どういうミューラルを描いてもらおうか”とリノベーションを行う施主が検討していきます。アートを買って飾るとはまた違う、この世にひとつしかないアートがあるこの世にひとつしかないリノベーション住宅となります。

実際の住宅にミューラルを施工した際の合成画像です

  • 暮らしの豊かさについて今一度考えたい

日進月歩で世の中のIT化が進み、住環境においては、DX化やAI、IoTなどのスマートホームなど、デジタルが人々に豊かさを提供しているといえます。
しかしながら、デジタルデトックスという言葉も生まれることから、デジタルだけが人々の暮らしを豊かにするとは言えないのかもしれません。
人々はどのようにして豊かさを得るのでしょうか、そもそも豊かさとはなんでしょうか。
小さいころを振り返ると、自由帳に落書きをしたり、鼻歌を歌ったりと絵や音楽というアナログなもの、芸術に豊かさを感じていたのではないでしょうか?大人になってからも文化や芸術に触れ、心を豊かにすることも少なくはありません。
新型コロナの影響で人々は“自宅”にいる時間がとても増え、それにより住宅に求めることも増えています。断熱や防音などの住環境、より便利な暮らしを求めIoTなどのデジタル技術の活用などが非常に注目されています。これらの技術向上により人々はいい暮らしができているといえます。では、これらにより人々の暮らしが豊かになったのでしょうか。

  • AX(アーティスティック・トランスフォーメーション)

当社とアート事業を行っている会社でJAPAN AX PROJECTという任意団体を立ち上げました。AX(アーティスティック・トランスフォーメーション)、デジタルだけが人々の暮らしを豊かにするのではなく、芸術的なモノも人々の暮らしを豊かにするうえで非常に重要だと考えています。そこで、住宅リノベーションを通じて、一般住宅にミューラルアートを取り入れる事業を開始しました。
「家を建てる」ということはワクワクすることだと思っています。そして住環境における豊かさとは“自宅”を好きであるということが重要だと考えます。カッコいい家、パワーがもらえる家、家に帰りたいなど、デジタル化の昨今、私たちはミューラルアートを通じて、本来家が人にもたらす豊かさを提供していきます。

  • リノベーションを通じて多くの人へ「いいモノで、いい暮らしを。」

リノベーションは、コストが安いということが先行していますが、自由に設計ができることや物件選びの選択幅が増えるというメリットがあります。つまりは住宅に対して諦めなくてはいけないことが減るということです。DIYの普及や、空き家問題などでリノベーションは注目を浴びていますが、実際のマーケットは顕著に伸びているとはいい難い状況です。

もっと多くの人がリノベーションに注目し、リノベーションを通じて自分の家づくりをしてほしい。そして、リノベーションという自分のライフスタイルや感性を生かした家づくりにミューラルアートというこの世に一つしかないアートを足すことでよりワクワクする家づくりをしてほしい。
家づくりをするときに
「壁にどんな絵を描こうかな」
と考えることが当たり前となる文化をつくります。

それが弊社の名前の由来である“いいモノで、いい暮らしを。”皆様に届けられるひとつだと考えています。

  • 最後に

現在は、リノベーション事業者の方々に販促としてご利用いただいていたり、ミューラルアートを入れた商品ブランドを一緒に設計していたりとリノベ×ミューラルの準備は進んでいますが、一般住宅にミューラルアートがあることが当たり前の文化を作ることは簡単とは言い難く、より多くのシーンでミューラルを原体験してもらう必要があります。リノベーション事業者の皆様はもちろん、不動産、建築業含め様々な方のお力添えが必要だと考えます。ご興味、ご賛同いただけた際は、ぜひ一度ご連絡いただければ幸いです。

「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。私たちはこの夢の実現を本気で目指しています。

※詳細 (住まいの新しい形「リノベーション×ミューラル(壁画)」の提供を開始)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000048893.html

※JAPAN AX PROJECTについて
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000048893.html

  • monocla株式会社

ポイントを利用した新しいカタチのリフォーム・リノベーションのマッチングサイト「monocla(モノクラ)」を運営。業界の人材課題に対し、無料で使える建設業界人材マッチングサイト「モノクラギルド」をその後リリース。そして、事業者の情報発信を応援するため、建設業界特化のオウンドメディア作成CMSサービス「モノクラギルドサイト制作」を提供。
リフォームにおける施工トラブル課題の解決に向け、集客・採用の側面から企業をサポートする事業を展開しております。

・monocla
https://monocla.com/
・モノクラギルド
https://guild.monocla.com/
・モノクラギルドサイト制作
https://site.guild.monocla.com/

●概要
・会社名: monocla株式会社
・所在地: 東京都渋谷区渋谷3-10-19 渋谷MJ-Ⅱビル6F
・代表者: 山田 真史
・設 立: 2014年3月
・事業内容: Webメディア運営
・URL: https://monocla.co.jp/

  • サービスに関するお問い合わせ先

monocla株式会社
TEL: 0120-099-215
E-mail: info@monocla.co.jp


「自宅のどの壁にどんな絵を描いてもらおうかな・・」一般住宅に、当たり前に壁画がある日本の文化を創ります|monocla株式会社

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000048893.html

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP