【物件オーナー・管理会社】スマホで行う高齢入居者の安否確認「くじら見守りサービス」が新発売!初期費用0円、1室追加あたりの費用は500円から利用可能。 #賃貸物件 #高齢入居者 #見守りアプリ

株式会社くじらリアルエステートテックは、物件オーナー様・管理会社様向けに、高齢の入居者の安否確認として利用できる「くじら見守りサービス」を3月16日に販売を開始した。スマホアプリから報告された高齢入居者様の安否報告をメールで管理会社様と親族の方にお知らせをするサービス。

「くじら見守りサービス」は決められた曜日と時間にスマホアプリを通じて入居者様の安否を確認します。
報告結果はメールで管理会社や親族に通知するので、万が一、入居者に異変があった場合は早急に察知することができます。
また安否報告がされない場合も期限を設定して、メールで管理会社や親族に通知するので独居老人の孤独死・孤立死を防ぐことが可能です。

●くじら見守りサービスサイト

https://mimamori.kujira-realestatetech.co.jp/

  • 1室追加500円からの導入しやすい利用料

入居者様のスマホを利用して安否確認を行う場合、初期費用は0円なので、導入時はオーナー様・管理会社様のご負担なしでご利用いただけます。
また1室追加あたりの費用は500円なので、入居者の方にも家賃負担を少なくご利用いただけます!

※表示価格は税抜きになります。

  • 安否確認のためのご負担を最小限に抑えたシステム

入居者様の日常生活のご負担にならないように、アプリは表示されるボタンをタッチするだけの簡単操作でご利用いただけます。また管理会社様の業務を増やさないため、報告結果をメールで自動配信する機能を実装しています。(管理画面で安否報告結果を確認することも可能です。)

  • 本当に異変がある時に確実に気付けるリピート確認機能

入居者様からの安否報告がない場合は、1時間おきに通知を連続して送り続けます。36時間経過※しても入居者からの応答がない場合は、管理会社様のメールアドレスと任意で登録する親族の方のメールアドレスに報告がない旨をメールで通知します。

※メール通知をするタイミングを管理画面から変更することも可能です。

1 2

空き家をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、空き家に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談カウンターを設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる