空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

「生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場」が開始。LivingAnywhere Commonsと、宿泊と食の生産現場での体験がセットの新サービスを提供。現地を訪れる形の関係人口創出を目指して

宿泊施設の宿泊費全額と、体験商品の購入費用を2000円補助 地域を訪れたい生産者と消費者の想いをつなぐ


生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ(ポケマル)」を運営する株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之)は、株式会社LIFULL(ライフル)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、以下「LIFULL」)が運営する場所に縛られない働き方・生き方を実践するコミュニティ「LivingAnywhere Commons」(以下「LAC」)とともに、宿泊と食の生産現場での体験がセットになった新サービス「生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場」の提供を2022年4月より開始する。消費者に、生産現場にて地域の魅力を感じながら生産者との関係性を深めてもらい、現地を訪れる形の関係人口創出を目指す。

【背景】
2022年2月に当社が発表した、「産直アプリを通じた関係人口創出に関する生産者調査」(*)では、8割以上の生産者が「お客さんに自分が住んでいる地域を訪問してほしい」と回答し、生産者の多くに「地域を訪れる形の関係人口」を創出する意欲があることがわかりました。一方で、実際に「お客さんが生産現場を訪れたことがある」と回答した生産者は約6%のみでした。

また、2021年8月に当社が実施した調査では、半数以上の消費者が「地域を訪れたい」と回答しましたが、実際に「生産現場に訪問したことがある」と回答した消費者は約3%のみでした。

2つの調査結果を通じて、生産者と消費者間において、「地域に来てほしい」「地域を訪れたい」という双方向の意欲があるにも関わらず、実現できている例が少ないということがわかりました。

そこで、当社では、「地域を訪れる形の関係人口」の創出を促進すべく、LACとともに、宿泊と生産現場での体験がセットになった新サービス「生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場」を開始する運びになりました。

消費者に、生産現場にて地域の魅力を感じながら生産者との関係性を深めてもらい、現地を訪れる形の関係人口創出を目指します。

*調査結果:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000046526.html

【「生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場」概要】
収穫体験や調理体験といった生産現場での体験と、全国に32拠点を構えるLACでの宿泊がセットになったサービスです。

「生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場」詳細ページ:https://poke-m.com/stories/2076

【本サービスの特徴】
・LAC施設の宿泊費を全額補助(*)
体験商品の購入者には、生産現場近郊の当該のLAC施設の宿泊費用を全額補助するクーポンをお送りします。
・体験商品の購入費を2,000円補助
生産者の出品価格に対し、当社が一律で2,000円の購入費用を補助します。

*宿泊プランをアップグレードする場合は、差額を支払う必要あり

【サービス利用の流れ】
■ 体験前
1)ポケットマルシェで「生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場」対象の体験商品を購入(2,000円の補助は購入時に適用)
2)ポケットマルシェが送付する「LAC宿泊費全額補助クーポン」を利用して当該のLAC施設を予約
3)ポケットマルシェのメッセージ機能を用いて、生産者と体験当日の集合場所や時間などを打合せ
■ 体験時
4)生産現場を訪れて体験を実施
5)生産現場近郊の当該のLAC施設にて宿泊

【実施期間】
2022年4〜12月の間に、3回に分けて体験商品をご案内する予定です。

第1弾:2022年4月 3商品(体験エリア:千葉県館山市、静岡県下田市、山梨県北杜市)
第2弾:2022年5〜7月 3商品(予定)
第3弾:2022年8〜11月 10商品(予定)

【第1弾詳細】
①商品名:そら豆収穫・講話・畑見学!

内容:そら豆畑の見学や、そら豆についての話を聞いた後に収穫体験を行います。
価格:4,400円(税込)
実施日:4月29日(金)
生産者:千葉県館山市 安西淳さん(安西農園)
https://poke-m.com/producers/115650
宿泊先:LivingAnywhereCommons館山
https://livinganywherecommons.com/base/tateyama/

②商品名:クレソン収穫体験・クレソンバーガーを食べよう!

内容:クレソンの収穫と、採れたてのクレソンを使用したクレソンバーガーづくりを行います。
価格:6,600円(税込)
実施日:4月16日(土)
生産者:静岡県下田市 平山武三さん(ひらたけ農園)
https://poke-m.com/producers/447171
宿泊先:LivingAnywhere Commons伊豆下田
https://livinganywherecommons.com/base/izu-shimoda/

申込み先:https://poke-m.com/products/244925

③商品名:ぶどう農園で栽培体験とピザ作り。大自然を満喫する農業ライフスタイルを楽しもう!

内容:ぶどう栽培にまつわるお話、栽培体験とお昼はピザ窯でのピザづくり。お土産にニュージーランド産の極旬/裏旬巨峰をプレゼント!
価格:6,600円(税込)
実施日:4月16日(土)・23日(土)・30日(土)
生産者:山梨県北杜市 加賀山敬之さん(株式会社GREENCOLLAR)
https://poke-m.com/producers/465871
宿泊先:LivingAnywhere Commons八ヶ岳北杜
https://livinganywherecommons.com/base/yatsugatake-hokuto/

申込み先:
【4/16(土)】https://poke-m.com/products/236592
【4/23(土)】https://poke-m.com/products/237039
【4/30(土)】https://poke-m.com/products/241000

【LIFULL 地方創生推進部 LivingAnywhere Commonsグループ「生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場」担当 北辻巧多郎氏からのコメント】
LivingAnywhere Commonsは共創をテーマに、場所やライフライン、仕事など、あらゆる制約にしばられることなく、好きな場所でやりたいことをしながら暮らす生き方をともに実践することを目的としたコミュニティとして、全国の拠点で地域のプレーヤーの方々とメンバー(利用者)と交流やプロジェクトを実施しています。
その中で今回、「生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場」で沢山の農家さんや漁師さんといった一次産業の方や体験される方がLivingAnywhere Commonsを知って、使ってくださることで、今後さらに新たな取り組みが生まれていくことを期待しています。
LivingAnywhere Commonsのメンバーにも積極的に参加してもらい、農業や漁業の体験を通じて、地域の魅力を沢山感じていただきたいです。

【LivingAnywhere Commonsについて】
LIFULLが地方創生事業として運営する場所やライフライン、仕事など、あらゆる制約にしばられることなく、好きな場所でやりたいことをしながら暮らす生き方(LivingAnywhere)をともに実践することを目的としたコミュニティです。
メンバーになることで、日本各地に設置したLivingAnywhere Commonsの拠点(現在、32拠点)の共有者となり、仲間たちと共生しながら、自宅やオフィスにしばられないオフグリッド生活を体感、理想のLivingAnywhereを実現するための技術やアイデアを共創していく、刺激に満ちた環境に身を置くことができます。
https://livinganywherecommons.com/

【LIFULLについて】
LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、個人が抱える課題から、その先にある世の中の課題まで、安心と喜びをさまたげる社会課題を、事業を通して解決していくことを目指すソーシャルエンタープライズです。
現在はグループとして世界63ヶ国でサービスを提供しており、主要サービスである不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」をはじめ、空き家の再生を軸とした「LIFULL 地方創生」、シニアの暮らしに寄り添う「LIFULL 介護」など、この世界の一人ひとりの暮らし・人生が安心と喜びで満たされる社会の実現を目指し、さまざまな領域に事業拡大しています。
https://LIFULL.com/

【ポケットマルシェについて】
ポケットマルシェ( https://poke-m.com/ )は、全国の農家・漁師から、直接やりとりをしながら旬の食べ物を買うことができるプラットフォーム。提供は2016年9月。現在、約6,600名(2022年3月時点)の農家・漁師が登録し、約16,000品の食べ物の出品と、その裏側にあるストーリーが提供されている。新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに食への関心が高まり、ユーザ数は約10倍、注文数はピーク時に約20倍となり、約51万人の消費者が「生産者とつながる食」を楽しむ。
アプリDL:https://app.adjust.com/9dtfvt4

【会社概要】
会社名: 株式会社ポケットマルシェ
代表者名: 高橋博之
所在地: 岩手県花巻市藤沢町446-2
東京オフィス:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-5 金子ビル3F
事業内容:
・生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営
・寄附者と生産者が繋がるふるさと納税サイト「ポケマルふるさと納税」の企画・開発・運営
・食べもの付き情報誌「食べる通信(R)」の普及・多地域展開の促進、「東北食べる通信」の企画・運営
・生産者の販路拡大・地産品の認知向上・関係人口創出を目的とした自治体支援施策の企画・実施
・産直食材を活用したキャンペーンや福利厚生プラン等の企業向けプログラムの企画・実施
URL:https://www.pocket-marche.com/


LivingAnywhere Commonsと、宿泊と食の生産現場での体験がセットの新サービス「生産者さんに会いに行こう!ポケマル×LAC GOTO生産現場」を開始|株式会社ポケットマルシェ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000101.000046526.html

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP