【新刊】インテリア誌「I’m home. (アイムホーム) no.122 2023年3月号」が発売/“心地良い”住まいのつくり方を考える #インテリア #住まい #北欧デザイン

株式会社商店建築社(本社:東京都新宿区)は、上質なデザインと暮らしを提案する、インテリア誌『I’m home.(アイムホーム)』の最新号『I’m home. no.122 2023 MARCH』を1月16日(月)に発売した。
今回は、住まいの基本中の基本である”心地良さ”について特集。インテリアやデザイン、機能や設備だけでなく、温度や質感、音環境や空間の広がりなど、さまざまな切り口から、”何となく良い”を形にしていく。さらに、長い冬を楽しむ北欧デザインや、日本の文化・デザインから影響を受けたデザイナーのプロダクトを紹介。インテリアに関心がある方は特に見逃せない一冊。

〈特集〉 “心地良さ”を形にする
良い住まいを語るうえで、心地良さという要素は欠かせません。しかし、一口に心地良さといってもその基準は人によって異なり、数値で測ることは難しいもの。今号は、「“心地良さ”を形にする」と題し、さまざまな切り口から心地良さをもたらした6軒の住まいを紹介すると共に、暖炉や薪ストーブの取り入れ方、理想の音環境を実現するためのポイントを解説。これまで感じていた“何となく良い”に向き合い、心地良さを形づくるエレメントについて考えます。

美しい空間で、心地の良い時間を過ごす
暖炉の前でゆっくりと読書をしたり、時間を忘れて夜までゲストと談笑したり……。ずっと居たくなる住まいには、どのような秘密が隠されているのでしょうか。ここでは6軒の住まいを紹介し、それぞれ照明や開口、中庭、素材といったキーワードを挙げながら、心地の良い時間を生み出す住まいのポイントを紐解きます。

N Residence Architecture :フューチャーリンク建築社

A Residence Architecture :服部信康建築設計事務所

U Residence Architecture :Sohei Nakanishi Design

Hayashi Residence Architecture :横内敏人建築設計事務所

Hirano Residence Architecture :稲山貴則建築設計事務所

1 2 3 4

ライター

目次
閉じる