分譲住宅の新たな選択肢「パターンオーダー住宅」1月より販売開始。分譲住宅なのに多彩な間取りから選べる!手間やコストを抑えた新しい住宅の作り方。 #分譲住宅 #不動産

 この度、株式会社アイダ設計(本社:埼玉県さいたま市大宮区桜木町、代表取締役社長:會田 貞光)は、パターン化されたプランやカラーから選べる分譲住宅『パターンオーダー住宅』を、2023年1月より発売開始した。

 アイダ設計では、住む人の幸せと快適な暮らしを実現するため、土地や周辺環境に合わせたプランニングやスケールメリットを生かした価格の分譲住宅仕様「IRODORI STYLE」を展開しています。「パターンオーダー住宅」とは、アイダ設計のこれまでの分譲住宅の建築実績から厳選された間取りプラン・デザイン・カラーの中からお客様の希望に合わせて作る新しい分譲住宅の企画です。アイダ設計がこれまで培ってきた経験と技術に加え、プラン・カラーセレクトなどのラインナップの中から、パターン化を図ることでさらにスムーズに家づくりを進めることができます。
 住宅資材の高騰などにより、新築住宅購入に踏み切れないお客様のニーズに対応すると同時に、分譲住宅の新たな選択肢としたいと考えています。
(「パターンオーダー住宅」WEBサイト: https://bukken.aidagroup.co.jp/lp/pattern-order )

<パターンオーダー住宅について>
コストを重視するなら土地・建物をセットで購入できる分譲住宅、自由設計で希望を叶えたい場合は注文住宅が一般的な考え方です。しかし、アイダ設計なら分譲地でありながらも、間取りやデザインなどを相談できる「パターンオーダー住宅」 「セミオーダー住宅」という選択肢をご用意しています。

パターンオーダー住宅のメリットは、土地+建物トータルで大幅にコストを抑えられ、建売住宅よりも設計自由度の高い住宅を建てることができます。外観デザインやカラーなども複数のパターンを用意しているので、1から完成形を考えていくよりもスムーズに家づくりを進めることができます。

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる