日本初!ありそうでなかった不動産一件資料対応の 手間をなくすクラウドサービス「一件資料.com」、 2022年12月27日よりサービス提供開始 #不動産仲介 #クラウドサービス #一件資料

~売主・不動産仲介会社、 双方にメリットのある不動産仲介における新しいクラウドソリューション~

不動産クラウドサービスの企画・開発・運営事業等を手掛ける株式会社オピアエージェンシー(所在地:東京都港区、代表取締役:大野 将樹)は不動産仲介において必要となる一件資料(不動産業務で利用する販売図面よりも踏み込んだ検討資料)をクラウド上で手軽に保存・管理できる新サービス「一件資料.com」を開発、2022年12月27日にサービスの提供を開始した。

一件資料.com TOP画面

「一件資料.com」とは?

「一件資料」とは、不動産取引において用いられる資料で、販売図面よりも踏み込んだ売買検討用の資料のことを指します。一般的な不動産取引では、購入を検討している方が購入を検討している不動産の「一件資料」を不動産仲介会社様に問い合わせ、不動産仲介会社様は売主(不動産所有者)から一件資料をメールなどで送付してもらい、それを不動産購入者に送る、といったフローでやりとりされているのが一般的です。
これは、売主・不動産仲介会社様サイドととしても、物件確認のため、電話やメールで対応するという手間が発生し、また不動産の購入検討者にとっても、不動産仲介会社様の担当者の休日には対応してもらえなかったり、不動産仲介会社様を挟むため「一件資料」を取り寄せるまで時間がかかる、という不便がありました。そこで株式会社オピアエージェンシーでは、この「一件資料」のやりとりをスムーズにするクラウドサービス「一件資料.com」を開設いたしました。

■さらに

通常レインズ(国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているネットワークシステム)で最新物件情報を確認しますが、一件資料.comでも同時に確認できます。もちろん23時以降も確認できるので自社レインズとしても利用できます。

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる