空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

トーキョーバイクの本社オフィスが新たに生まれ変わる。コンセプトは”長く使うを大切にする”「tokyobike 谷中 Soil」がリニューアルオープン。天井や床、壁にも、使われなくなった家々からレスキューされた古材を使用。

2022年3月4日(金)、株式会社トーキョーバイクは、谷根千エリア、東京都台東区谷中に「tokyobike 谷中 Soil」をリニューアルオープンした。

「tokyobike 谷中 Soil」は、”⻑く使うを大切にする”をテーマにしたコンセプトショップ。廃棄物の削減や資源の循環に取り組みながら、自転車を中心としたモノを⻑く・楽しく使うためにできることを、お客様と一緒に考えていく。

長らくトーキョーバイクの本社オフィスとして使われてきた場所が、ReBuilding Center JAPAN の設計で新たに生まれ変わった。設計を担った ReBuilding Center JAPAN は、長野県諏訪市に拠点を置き、空き家や解体される家から古材・古道具などをレスキュー(引き取り)する建築建材のリサイクルショップ。

Rebuilding Ceter Japan

「tokyobike 谷中 Soil」の天井や床、壁にも、使われなくなった家々からレスキューされた古材を使用しています。また、自転車を保管するストレージの扉には、トーキョーバイクと繋がりの深い ARiSE COFFEE ROASTERS や ONIBUS COFFEE で使われていたコーヒー豆の麻袋を活用。店舗づくりの段階から、「一度は役割を終えたものが、新しい役割をもって誰かの必要なものになる」ことを考えました。

内観
古材を使用した床
コーヒーの麻袋を使用した建具
コーヒーの麻袋を使用した建具(裏側)

今回の新店舗では、直営店で提供している新車販売や修理メンテナンスだけでなく、ユーザーから引き取った自転車を整備し、販売することも始める。

ライフステージの変化や、車体の老朽化などを理由に自転車を手放す場合、これまではゴミとして処理されてしまうことがほとんどでした。「tokyobike 谷中 Soil」では、トーキョーバイクの全直営店から回収した自転車を再整備・再塗装したうえで、再びお客様に届けていきます。また、自転車の洗車サービス「バイク銭湯」、自転車パーツや雑貨のアップサイクルマーケット「SoilのYard Sale」の定期開催なども予定している。

谷中は、2009年にトーキョーバイクが初めて直営店をオープンし、最も多くのユーザーがいる場所です。この土地で、また新たに、長く自転車が生き続けるための独自のサービスを展開していく。

[自転車の回収と再販売]
2021年より、トーキョーバイクは直営店全店舗にて、ご愛用いただいたトーキョーバイクの全モデルを対象にした無料引き取りサービスを始め。回収された自転車は「tokyobike 谷中 Soil」にて再整備や再塗装を行い、新たな価値を持つ自転車に再生させて販売。自転車本体の消耗が著しく、整備などで対応できない場合でも、再利用できるパ ーツを抜き出し、クリーニングを実施した上で、他の自転車の修理パーツとして利用、もしくは中古パーツとして再販売する。

また、自転車のフレーム部分の傷や、塗装の剥がれが顕著なものについては、埼玉県ふじみの市に拠点を置く、NJSフレームメーカーの株式会社TR※1をパートナーに迎え、「RAWカラー」※2の自転車に再加工し販売する。

RAWカラーの製作工程
RAWカラーの自転車フレーム
RAWカラーのトーキョーバイク
【tokyobike 谷中 Soil 店舗情報】
住所:〒110-0001 東京都台東区谷中2-6-12
電話:03-5809-0980
メール:soil@tokyobike.com

2022年3月31日(木)までの営業時間
平日:12:00〜19:00 / 土日祝 10:00〜18:00
定休日:月・火・水・木
※3月11日(金)は臨時休業

2022年4月1日(金)からの営業時間
平日:12:00〜19:00 / 土日祝 10:00〜18:00
定休日:火・水・木

サービス内容:
トーキョーバイクの試乗、新車販売、メンテナンス、修理、使わなくなったトーキョーバイクの回収と再販売

【ReBuilding Center JAPAN 設計コンセプト】
「⻑く使うを大切にする」というコンセプトのもと、内装に使用した木材や左官材料のほとんどは廃棄される予定だった古材や土壁の土を再利用して仕上げています。トーキョーバイクが今まで培ってきた関係性も空間に取り込んでいきたいという思いから、コーヒーショップから麻袋をレスキューしてきてもらい、建具に活用しました。
古いものを活用することで年配の方には懐かしさと親しみを、若い世代には持続可能なこれからのスタイルを提案することで多世代の人が関わり合える場所としてデザインしました。

ReBuilding Center JAPAN 
2016年創業。長野県諏訪市にて、古材と古道具を販売する建築建材のリサイクルショップ。家屋や工場の片付け・解体の現場に伺い、行き場を失ったモノのレスキュー(引き取り)をしている。「REBUILD NEW CULTURE」の理念のもと、捨てられるモノ、忘れられていく文化を見つめ直し、本質的な価値を伝えながら再び誰かの生活を豊かにすることを目指す。古材を活かした店舗や施設の空間設計、オーダー家具の制作、地域から出る古材を使ったワークショップの開催、高性能断熱改修を施した中古住宅のリノベーションなど、様々な事業も手がける。

【tokyobikeについて】
1997年に創業し、2002年より自転車の製造販売をスタートし今年20年を迎えます。 街を楽しむプロフェッショナルと して、速く走ることや移動することを目的とするのではなく、日常にささやかな変化を加えるためのツールとしての自 転車を提供しています。 のびのびとそれぞれのペースで人生を謳歌する人たちが集い、東京でありながらのんびりした 時間が流れる街谷中でスタートし、 ”TOKYO SLOW”というコンセプトを世界へ発信してきました。2017年よりレン タサイクル事業を本格的に開始。直営店舗に加えトーキョーバイクからのレンタサイクルサービスの提供や、ホテルに よるレンタルサイクルへの採用により、HOTEL K5 /東京 日本橋兜町、マンダリン オリエンタル 東京 /東京 日本橋、エ ースホテル京都 /京都、など、多数の宿泊施設でも、トーキョーバイクをご使用いただくことができます。コンセプトに共感したブランドとの共同企画開発などにも挑戦し、スニーカーやサングラスなども販売しています。
URL : https://tokyobike.com/

<国内外販売店舗>
トーキョーバイク国内直営店
 TOKYOBIKE TOKYO (東京都江東区) 、tokyobike 吉祥寺 (東京都武蔵野市) 、tokyobike 中目黒(東京都目黒区)、tokyobike 谷中 Soil(東京都台東区)

パートナーショップ
Tokyobike Plus 豪徳寺(東京都世田谷区)、Tokyobike Plus 福岡(福岡県福岡市)

海外のトーキョーバイク直営店・取り扱い店
ロンドン、L.A.、ベルリン、ミラノ、マドリッド、プラハ、バンコク、ドバイ、テルアビブ、ジャカルタ、台北など、 海 外の主要都市に展開。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP