不動産業界初となるARアプリ「Finding Serendipity by LIFULL HOMES」のパブリックテストを実施。これまでの経緯と開発意図:ARが普及した世界での住まい探しとは? #AR #街歩きアプリ #不動産

目次

米Niantic社によるAR開発キット「Niantic Lightship ARDK」を活用した出会った街の魅力を記録・共有できる街歩き用アプリ

事業を通して社会課題解決に取り組む株式会社LIFULL(ライフル)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証プライム:2120、以下LIFULL)が運営する、日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」は、2022年12月14日(水)より、ARグラス時代を見据えた住まい探し体験を提案する、街歩き用AR(拡張現実)アプリ「Finding Serendipity」をTestFlight(※2)上で限定公開し、パブリックテストを開始した。
※1:自社調べ
※2:iOS環境において開発したアプリのプレリリースまたは、テスターとして限定公開の元、テストできるシステム

公式URL:https://www.homes.co.jp/finding_serendipity/

  • ARアプリ「Finding Serendipity by LIFULL HOME’S」 :コンセプト

素敵な“偶然”が見つかる街歩き

この場所からの景色、お店での体験、街角での出会い
あなたが出会った街の魅力をその場所に記録し、共有する。

 Finding Serendipityはユーザーが残した街の魅力やその時の感情を蓄積し、
風景と重ねて表示することで、ひとりでは見つけることができなかった
素敵な“偶然”を発見できるARプラットフォームです。

LIFULL HOME’SはこのFinding Serendipityを通じて、
日常の街歩きから理想の住まいの発見までをシームレスにつなぐ、
来たるAR時代の新しい「住まい探し」を提案します。

  • これまでの経緯と開発意図:ARが普及した世界での住まい探しとは

LIFULLは現実世界とVR空間内のどちらでも、シームレスに自分らしい暮らしができる「ミラーワールド」の実現に取り組むべく、『Ingress』や『ポケモン GO』、『Pikmin Bloom』といった著名なゲームタイトルを開発した世界をリードする AR企業の米Niantic社と2021年11月にARDKに関するパートナーシップ契約を締結しました。(※3)今年の11月17日、Niantic社とQualcomm社は2023年より両社が展開するXRプラットフォームを連携することを発表しており、(※4)Niantic社をはじめ、apple社,google社などがARグラスを開発し普及していくことが予測されます。
その時代を見据え、LIFULL HOME’Sでは日常の街歩きと住まい探しを融合し、ユーザーの気持ちに寄り添ったタイミングでの情報を提供する新たな住まい探しの体験として、「Finding Serendipity」を企画・開発しました。

※3:「米Niantic社とARDKに関するパートナーシップ契約を締結、LIFULL HOME’Sでの住まい探しにおけるAR体験開発を加速」https://lifull.com/news/22252/
※4:「Qualcommと現実世界のARをソフトウェア・ハードウェア両面からさらに加速」https://nianticlabs.com/news/snapdragon-spaces/?hl=ja

  • プロジェクトリーダー細谷宏昌(LIFULL 未来デザイン推進室 リサーチ&デザインG)からのコメント

LIFULLのリサーチ&デザイングループでは「誰もがより自分らしく暮らせる世界(=Well-beingな世界)の実現」に向けて、ありえるかもしれない未来を想像・思索し、その未来をプロトタイプとして体験できる形で世の中に提案をしてきました。例えば、デジタルツイン上の世界を飛び回って部屋を探す「空飛ぶホームズくん(※5)」や同じ価値観グループの人がどこでWell-beingに生活しているかを探せる「VALUES MAP(※6)」などがあります。

街で使うARアプリの先駆者として「セカイカメラ」があり、「脱検索」というコンセプトは今回の「Finding Serendipity」にも深く関わってきます。
今回のアプリは「スマートフォンでの利用を想定していない」のが企画として大きなポイントです。日常的な利用を目指すARアプリが抱える、スマートフォン故の「歩きながら使えない」や「アクションをする前にデバイス取り出し、カメラをかざさなくてはいけない」などの障壁を無理に乗り越えるのではなく、ARグラスが普及した先の未来を見据えた企画にすることにしました。
日常的に目の前に情報が表示されている未来を想定して体験を構築しているため、実際にテストを行うスマートフォンでは使いづらかったり、直感的でない部分もあると思いますが、少し先の未来を想像しながら体験していただけると嬉しいです。

 今回のパブリックテストの公開の段階では私たちが提供する世界はまっさらの空き地です。この空き地の上にパートナーと協力をしながら魅力的に見えるユースケースなどは作成していきますが、多くはテストに参加していただけるみなさん一人ひとりが設置するアンカーが街の情報として蓄積されていきます。時間を飛び越えた街での出来事や人々の感情が、新たな街の魅力となっていきます。
生まれたばかりの世界、一緒に楽しく興味深い使い方を考えていきたいですし、この先を拡張していくパートナーも募集していますので、ご興味がありましたらぜひご連絡ください。

※5: 日本初、3Dの地図と物件情報を活用したデジタルツインで新しい住まいの探し方が体験できるAndroidアプリ「空飛ぶホームズくんBETA」を提供開始 https://lifull.com/news/23989/
※6:特設サイト https://lab.lifull.com/lifewill/valuesmap/

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる