【千葉県柏市「おうちSDGsプロジェクト」第2弾】夢が実現する⁉ みんなのあったらいいな!を商品化。持続可能な「おうちSDGsリフォーム+」めざせ100品目! #おうちSDGs #リフォーム #空き家問題

目次

家族、みんなのあったらいいな!が、カタチになる。楽しく、備えて、我が家の、地域の、そして地球のために 「 誰一人取り残さない」SDGsな住まいづくりと暮らしのアイデア集

株式会社クリエすずき建設(所在地:千葉県柏市、代表取締役:鈴木一功)は、家族でワクワク、お財布にも優しい、誰でもできるサスティナブルな取り組みを実践する「おうちSDGsプロジェクト」の第2弾として、2023年1月、みんなのあったらいいな!がカタチになる「おうちSDGsリフォーム+」をスタート。詳しくは、クリエすずき建設のLINE公式アカウントで随時配信を予定している。

みんなのあったらいいな!がカタチになる おうちSDGsリフォーム+

 ■「おうちSDGsリフォーム+」ってなに? 

「おうちSDGsリフォーム+」とは、建物や、生活空間の安全性、省エネ、快適さ、便利さ、バリアフリー、遊び心、計画性など、おうち全体のSDGs性能を高めるリフォームや暮らしのアイデアです。

 ■ なぜ、SDGsにリフォームなの? 
ところで、なぜ「SDGs」には「リフォーム」なのでしょうか? それは、現在の日本が抱える社会問題と密接な関係があります。

 ◆ 少子高齢化、空き家率の上昇とSDGsな社会
少子高齢化の加速空き家率の上昇、といった日本の社会問題は、高性能な新築を建て続けても解決には至りません。なぜなら、昔建てた低性能な住宅は残ったままであり、社会全体のエネルギー消費量の削減にはつながっていないのです。つまり、高性能な新築を増やし続けても、私たちがめざすSDGsな社会にはならないのです。

では、古い家を一新する「高性能リノベーション」を増やせばよいのでしょうか?「暮らしづらい家が高性能になる」といった大きなメリットはあります。ですが、新築やリノベなどは、比較的経済的にゆとりのある世帯、世代に限られた選択肢です。つまり、「高性能リノベーション」は、高齢者、独居者、経済的な余裕があまりない世帯にとって、ハードルが高い選択となります。

社会問題とおうちSDGsリフォーム+

 ◆ 答えは「誰一人取り残さない!私たちならできる! Leave no one behind. Yes, we can.」

SDGsな社会をめざすために必要なこと。それは「誰一人取り残さない」という考え方です。経済的に余裕のある人たちだけが可能な住まいづくりではなく、「誰でもすぐに取り組める」「選択肢があり、自由に(自分で)選べる」ことが大切です。
学ぶことは誰でもすぐにできますみんなでつくって、できることを自分で選んで実践するが「おうちSDGsリフォーム+」なのです。

1 2 3

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる