マーターポート、デジタルツインの概念を覆すMatterport Pro3を発売開始。屋内外を問わず、あらゆる空間をデジタル化。 #DX #VR #デジタルツイン #不動産

マーターポート株式会社(本社:東京都港区、執行役員 社長:蕭 敬和)は、デジタルツインの概念を覆す、「Matterport® Pro3」を2022年11月9日(水)より日本国内にて発売開始した。

Pro3は屋内外を問わず、あらゆる空間をデジタル化することができます。また、Pro3とシームレスに連動するMatterport(マーターポート)の次世代デジタルツインプラットフォームにより、関係者間での円滑な共同作業が可能となり、中小企業から大企業に至るあらゆる規模の組織におけるコスト削減と収益拡大を実現します。

Forrester Researchの調査によると、世界中のソフトウェアテクノロジーの導入意思決定者の55%が既にデジタルツインを採用しています*。業界のリーダーであるMatterportは、第2四半期の総アカウント契約者数が前年同期比で52%増加し、Fortune 1000(フォーチューン1000社)の23%の企業にデジタルツインプラットフォームを提供しています。
*Forrester Research, “Jekyll And Hyde: The Dual Role of Emerging Tech in Environmental Sustainability”, 04/22

Matterportの会長兼CEOのRJ Pittmanは、次のように述べています。「これまでで最強の製品を発表し、3Dテクノロジーの新たなページをめくることができたと思います。新しいPro3カメラとクラウドプラットフォームによって、正確で没入感のある、驚くようなデジタルツインを生成できます。企業にとって、Matterportのデジタルツインの力を取り入れてビジネスを変革する絶好の機会となると考えています。」

エンタープライズ向けのMatterport
ビジネスリーダーは、デジタルツインを活用することによって、不確実な経済環境においても自信を持って舵取りができるだけでなく、モバイルファースト、リモートファーストの就業環境で、従業員の生産性の向上を図れます。ビジネスリーダーの79%が、デジタルツインに投資する主な理由としてコスト削減を挙げ、71%が運用効率の向上を挙げています*。新しいPro3カメラとクラウドプラットフォームは、拡張性、信頼性、セキュリティをビジネスの中心に据える企業の需要に合わせて構築されています。Matterportのデジタルツインプラットフォームは、今や業界で最も信頼できるプラットフォームの1つとして評価されています。

Pro3カメラとクラウドプラットフォームの進歩により、没入感のあるデジタルツインをこれまで以上に簡単に生成できます。製造業、小売、宿泊、航空会社などのさまざまなお客様から、デジタルツインによって遠隔での共同作業が促進された結果、プロジェクトに要していた時間が30%短縮され、移動費が最大50%削減されたという声が届いています。ある不動産業のお客様からは、契約までの期間が最大85%短縮されたとの評価をいただきました。また、宿泊業のお客様では、デジタルツインを導入した部屋の予約率と稼働率が14%向上しています。このようなメリットが得られるのは大企業だけではありません。デジタルツインを利用している不動産業では見込み客が74%も増加し、住宅購入者の71%は、オンライン内見がある物件であれば、現地に直接訪問して内覧することなく購入できると報告しています。
*Capgemini Research Institute, Digital Twins survey, September-October 2021, N=1,000 organizations.

Matterportのデジタルツインプラットフォーム
Matterportは、屋内外を問わず、あらゆるサイズと形状の建物や空間のデジタルツインを作成、公開、管理できるようにクラウドソフトウェア プラットフォームを再構築しました。これらの新機能はすべてシームレスに統合されるため、従業員、顧客、パートナーが連携し、検討できる没入型環境を安全に作成できます。

・Views(ビュー)と呼ばれる新しい機能を使用することで、1つのデジタルツインでの生産性を最大限に高めることができます。Viewsを利用するグループや大規模な組織は、アクセス権限ベースのワークフローを個別に作成し、複数のチームにわたるさまざまなタスク(遠隔検査、オンライン研修、空間活用の計画、オンライン内見など)を管理できます。

Viewsで1つのデジタルツインからアクセス権限ベースの個別のワークフローを作る

・最新のガイドツアーおよびタグ機能を利用することで顧客体験、カスタマーエンゲージメント、生産性、成約率の向上を実現します。今では、マーケティングチームとセールスチームは、訪問者の関心に合わせて商業施設や住宅のガイド付きオンライン内見を構築できるようになりました。また、運用チームは、リモートワーカー向けのガイド付きオンライン研修を作成できるようになりました。

・さらに、当社が提供するMatterport Capture撮影サービスも新しいPro3カメラによって強化されました。世界中の主要都市で、撮影技術者に最高品質のデジタルツインの生成を依頼できます。小売チェーンからホテルや企業のオフィスに至るまで、写真のようにリアルなMatterportデジタルツインをかつてないほど簡単に構築できます。

・iOSおよびAndroidデバイス向けの新しいMatterportアプリを使うことで、キャプチャー、カスタマイズ、表示、編集、公開、復元機能をデジタルツインで実行できるフル機能のモバイルソリューションとともにMatterportプラットフォームのすべてをどこにでも持ち運ぶことができます。

Matterportアプリでどこにいても共同作業が可能

Matterport Pro3カメラ

Matterport Pro3カメラによって実現される屋内外の空間の最高精度のデジタルツイン

Matterport Pro3カメラは、最先端のMatterport 3Dキャプチャーデバイスです。LiDARとRGBセンサーを搭載し、屋内外で素晴らしい画像を作成できます。この価格帯でこれらすべての機能を備えたカメラは他になく、3Dキャプチャーの利用をさらに身近なものにします。

20メガピクセルセンサーと超広角領域をカバーする12枚の光学エレメントで構成されるレンズを備え、正確で詳細度の高いデジタルツインを生き生きとした鮮明な色で生成できます。また、高精度なLiDARセンサーにより、薄暗い場所から直射日光の下まで、さまざまな条件下で数百万回もの測距が可能です。1回のスキャンは20秒以内に完了し、最大100メートルの範囲を測距します。

超広角領域をカバーし、あらゆる環境でリアルなデジタルツインを生成できるPro3のレンズ

Pro3カメラは3Dキャプチャーに革命を起こします。速度、忠実度、汎用性、精度において新しい基準になると考えます。これまでインタラクティブメッシュには5万ポリゴンという制限がありましたが、現在では無制限となり、大規模な空間では容易に100 万ポリゴンを超えています。新しいデジタルツインは、オンデマンドでストリーミングしながら空間内を歩き回ることが可能です。モバイルおよびWebプラットフォームですべてのユーザーが利用でき、パフォーマンスを損なうことなく読み込み時間の短縮、フレームレートの向上、さらなる詳細化を実現します。

MatterportのCortex AIエンジンは、従来と比較して5倍の範囲をキャプチャーできるようにアップグレードされており、屋内外の空間をデジタルデータに変換できます。新しいMatterportデジタルツインプラットフォーム、Pro3、アップグレードされたCortex AIを組み合わせることで、かつてないほど正確で没入感のある、デジタルツインを生成できます。

Matterportの研究開発 兼 製造担当バイスプレジデントのLou Marzanoは次のように述べています。「Pro3カメラは、長年にわたる高度な研究開発と、お客様の声に真摯に耳を傾けてきたことの成果です。その結果が、飛躍的に進歩した3Dキャプチャーテクノロジーです。デジタルファーストの業界のニーズが、当社の製品基準をより高め、お客様の成功に不可欠な精度、範囲、モビリティの提供を可能にします。これらすべての機能をポータブルデバイスに統合し、商業用LiDARキャプチャー製品としてかつてないコストパフォーマンスを実現しました。スタジアムからキャンパスに至るまで、これまでにない速度と精度で大規模な屋外施設をキャプチャーできています。Pro1およびPro2がそうであったように、他に類を見ない業界初のPro3カメラを開発したチームを誇りに思っています。」

携帯性を考慮して設計されたMatterport史上最軽量のPro3コンパクトカメラ

MatterportらしいユニークなデザインのPro3は、次のような画期的な特長を備えています。
・広い空間を超広角でキャプチャーできる20メガピクセルセンサーと12枚の光学エレメントで構成されるレンズ
・0.5mから100mまでの深度を毎秒10万ポイントでキャプチャー可能
・さまざまな光の条件下で比類のない精度を実現する高精度LiDARセンサー
・カメラの起動に要する時間は40秒未満
・長時間のスキャン作業向けの取り外し可能なバッテリーパック(3.5時間で100%充電)
・重量:2.2kg。Pro2カメラよりも30%小さく、35%軽量
・Pro3用に設計された新しい三脚マウントおよび携帯性と保護機能を高めた新しいケース

Matterport Pro3 アクセラレーションキットの同梱物:
・Pro3カメラ×1
・キャリーケース×1
・大規模なプロジェクトで役立つE57形式の高密度点群データの書き出し10回分(13万円分相当)
・点群データ、OBJ形式ファイル、フロアプランの書き出し10回分(8万円分相当)
・三脚マウント×1
・バッテリー×2
・充電キット×1
・三脚×1
・三脚台車(ドーリー)×1
・ドアストップ×2
・ハードケース×1
・バックパック×1
・Pro3カメラと三脚マウントの3年保証(30万円分相当)

Matterport Pro3 アクセラレーションキットの価格は、オープンプライスです。
Matterport正規バリュー・ディストリビューターおよびバリュー・リセラーよりお求めいただけます。
・バリュー・ディストリビューター 株式会社アスク  03-5215-5654
・バリュー・リセラー 野原ホールディングス株式会社  03-6328-4548
・バリュー・リセラー 有限会社リビングCG  03-5256-7604

Matterport Pro3についての詳しい内容は、製品ページをご覧ください:  https://matterport.com/ja/pro3

Matterport(マーターポート)について
Matterportは、建築世界のデジタルトランスフォーメーションをリードしています。当社の画期的な空間データプラットフォームは、建物をデータ化し、空間の価値とアクセス性を高めます。177カ国以上の何百万もの建物が、Matterportのデジタルツインとして生まれ変わり、計画、建設、運用から、文書化、鑑定、マーケティングまで、建物のライフサイクルのあらゆる部分を改善しています。詳細はhttps://matterport.com/jaでご覧いただけます。また、導入ユーザー様が撮影されたデジタルツインのギャラリー https://matterport.com/ja/galleryもご覧いただけます。
マーターポート株式会社は米Matterport, Inc.の日本法人です。

©2022 Matterport, Inc.  All rights reserved.  Matterportは登録商標であり、MatterportのロゴはMatterport, Inc.(マーターポート)の商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。

<将来の見通しに関する記述>
本資料には、連邦証券法に規定される将来の見通しに関する記述が含まれています。これには、本経営統合の利点、Matterport, Inc. (以下「Matterport」)が提供するサービスおよびMatterportが事業を展開する市場、事業戦略、負債水準、業界環境、潜在的な成長機会、規制の影響およびMatterportの将来予測に関する記述を含みます。これらの将来見通しに関する記述は一般に、「確信する」、「推定する」、「期待する」、「予想する」、「見積もる」、「意図する」、「戦略」、「将来」、「予測」、「機会」、「計画」、「可能性がある」、「はずである」、「だろう」、「である」、「継続する」、「結果的にそうなるであろう」などの表現(これらの言葉や表現の否定形を含む)で識別されます。

将来の見通しに関する記述は、現在の期待や仮定に基づく将来の出来事に関する予測、予想、その他の記述であり、その結果、リスクや不確実な要因を伴います。この将来の見通しに関する記述に記載される実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、Matterportが競合する業界において、事業計画、予測、その他の期待を実現する能力、ならびに追加的な機会を特定し実現する能力などが含まれます。上述の要因はすべてを網羅するものではありません。前述の要因およびMatterportが米国証券取引委員会(SEC)に適宜提出する書類に記載されているその他のリスクや不確実性を慎重に検討する必要があります。これらの報告書には、将来の見通しに関する記述とは大きく異なる実際の出来事や結果を引き起こす可能性のある、その他の重要なリスクや不確実な要因が記載されています。将来の見通しに関する記述は、その記述がなされた日付時点でのものです。読者の皆様におかれましては、将来の見通しに関する記述を過度に依拠することないようご注意ください。Matterportは、新しい情報、将来の出来事、その他の結果にかかわらず、これらの将来の見通しに関する記述を更新または修正する義務を負うものではなく、また、法律で義務付けられている場合を除き、その意図もありませんことをご留意ください。Matterportは、その期待を達成することを保証するものではありません。

マーターポート、デジタルツインの概念を覆すMatterport Pro3を発売開始|マーターポート株式会社

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000111509.html

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる