奈良県指定文化財「達磨寺方丈」(王寺町)でアートを体感する「王寺まちの芸術祭 vol.2」開催!新進気鋭の4名のアーティストの作品を展示、明神山山頂もサテライト会場に。 #達磨寺 #現代アート #ワークショップ #王寺まちの芸術祭

目次

10/29(土)-11/13(日)10:00 – 16:00

王寺町観光協会は奈良県王寺町にある「達磨寺・方丈」(所在地:奈良県北葛城郡王寺町本町2丁目1番40号)にて、2022年10月29日(土)〜 11月13日(日)の期間、方丈内での現代アートの展示、サテライト会場として明神山(北葛城郡王寺町王寺2-1-23)での写真展示、ワークショップなどを行うイベント「王寺まちの芸術祭 vol.2」を開催する

本イベントは、達磨寺境内にある築約350年の「方丈」の保存修理(2021年完了)を機に、達磨寺の魅力をより多くの方に広めるために行っている達磨寺魅力化プロジェクトの一環として行われるアートイベントです。2022年2月に行われた第一回目の芸術祭では、写真家の浅田政志氏をはじめとするアーティスト4名の展示を行い、老若男女楽しめる身近なアートフェスティバルとして町内外問わず多くの方に楽しんでいただきました。また初めて方丈に足を踏み入れる方も多く、築350年の建築の持つ魅力も大いに感じていただきました。

達磨寺方丈
昨年の展示の様子
昨年の展示の様子

2回目となる今回も方丈内では4名のアーティストの作品の展示を行います。また達磨寺からほど近い明神山もサテライト会場とし、大型の写真作品の展示を行います。明神山山頂は晴れている日は遠く明石海峡まで見渡せるほどの絶景が広がります。山頂までは約40分ほどで登れることから毎日多くの方が気軽に登山を楽しんでいる、町民にとって馴染み深い山です。

昨年の展示の様子
明神山からの景色

暮らしの中に「文化財」と「自然」が溶け込む王寺町。

達磨寺の魅力とともに、王寺町の魅力もぜひみなさまに感じていただける機会になれば幸いです。

1.「王寺まちの芸術祭 vol.2」開催概要

(1)方丈内での現代アート展示

方丈を3つの部屋にわけ、関西を拠点として活動する4名のアーティストが各部屋・庭をそれぞれ担当し、世界観を演出します。

昨年の展示の様子

<参加アーティスト>

熊田悠夢

photo by Yukako Mori ©️YUMU KUMADA


1992年生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科漆工修了。自然が生みだす現象とそれに感応し意味を問う人間との関係性について、木などを用いて作品制作を行う。主な展覧会に「MINDTRAIL 奥大和 心の中の美術館」(奈良・2021)、「春日山アートプロジェクト」(奈良・2020-2021)、artKYOTO2020 YOUNG ARTISTS’EXHIBITION「a linkage」(京都・2020)、主な個展に「おとずれる想像」(同時代ギャラリー・2022)、「permanent voyage」(神戸・2019)、個展「春のハーバー」(京都・2018)、「モーメントの稜線」(京都・2015)など。


しみずきみこ

©️KIMIKO SHIMIZU

1955年生まれ 奈良県在住
2014年 青春写真教室にて写真を学び始める
2018年 東京オリンピックをテーマに「ひとりオリンピック」の制作開始
2020年 日本広告写真家協会「APA AWARD 2020」写真制作部門 奨励賞受賞
2021年 六甲ミーツアート奨励賞、オーディエンス大賞受賞


竹内 みか

©️MIKA TAKEUCHI

神戸在住。大阪芸術大学短期大学部デザイン美術学科卒業。広告代理店勤務のグラフィックデザイナーを経て、2010年より制作活動をはじめる。発表媒体は絵画を中心に、立体、インスタレーション、パフォーマンスなど、活動は多岐に渡る。メロディペットと呼ばれる動物型遊具をモチーフに「消費社会」や「豊かさ」について問いかける。2020年、招待作家として出展した六甲ミーツ・アート芸術散歩でオーディエンス大賞グランプリを受賞。


Reylia slaby

©️Reylia slaby

大阪出身、奈良県生駒市在住。10代の頃から鉛筆画作品(グラファイトリアリズム)などを発表する傍ら、写真の世界に興味を持ち、創作的な作品を発表する写真家として現在に至る。
彼女が生み出す作品は、両親がアメリカ人ながら情緒豊かな日本で生まれ育った生活環境に大きな影響を受けている。その独自の感性と審美的な世界観は、見るものを幻想的な情景へと誘い、どこか癒される不思議な感覚を醸し出している。

今、成長著しい注目のフォトグラファー。

(2)明神山サテライト会場

方丈の庭にも3点展示をするしみずきみこさんの代表作「ひとりオリンピック」の展示を明神山山頂にて行います。展望台に設置されていますので、期間中登山された方はどなたでもご覧いただくことができます。

山頂展様子

(3)ワークショップ

お越しいただいた方に気軽に楽しんでいただけるワークショップを開催いたします。
また2組のアーティストによる特別ワークショップも行われます。

○期間中ずっと
今回の芸術祭のメインビジュアルのポストカードに自由にお絵描きしていただけます。

○11/3(木) 10:00-16:00
北村有紗(書道クリエイター)

書道クリエイターの北村氏による書を用いたワークショップ。

書道ワークショップイメージ

○11/12(土) 時間未定
にゆ(デザイナー・クリエイター)

昨年の「王寺町の芸術祭」での展示が好評だったアーティストのにゆ氏によるワークショップ

昨年の展示の様子

(4)公式グッズ販売

方丈ではミュージアムショップも設置。参加アーティストのグッズや、芸術祭限定のオリジナルグッズが販売されます。達磨寺の近くにある人気カフェ「ナナツモリ」(北葛城郡上牧町方岡台1-19-4)で販売されている焼菓子「週末シトロン」の芸術祭限定味「くりシトロン」も登場。またパーカーやキーホルダーなどお土産にぴったりのグッズを取り揃えます。

公式グッズ

(5)王寺オリーブ収穫祭との連携

11/13(日)には王寺町内でオリーブ収穫祭が行われます。まほろばオリーブ園(王寺町元町3丁目)での収穫体験のあと、メイン会場となる明神山山頂ではオリーブの試食やマルシェが開催されます。(ツアー要申込・マルシェ申込不要)芸術祭の最終日となりますので、芸術の秋、食欲の秋を同時に楽しんでいただけます。

王寺オリーブ収穫祭フライヤー

「王寺まちの芸術祭」開催概要

【開催日】2022年10月29日(土)-11月13日(日)
【時 間】10:00 ~16:00
【会 場】<達磨寺会場> 奈良県北葛城郡王寺町本町2-1-40 (達磨寺内、方丈にて開催) 
   <明神山山頂サテライト会場>(駐車場住所)奈良県北葛城郡王寺町畠田7-12
    (駐車場からハイキングコース徒歩45分)※山頂までは徒歩のみ
【申 込】申込不要・入場無料
【主 催】王寺町観光協会
【企画・運営】株式会社青春(本社:奈良県北葛城郡上牧町 代表取締役:田村広司)

※イベント実施にあたっては、奈良県の新型コロナウイルス感染リスクを減らす取り組みに沿って実施致します。 
※展示内容・ワークショップ内容は変更することもございます。

【本件に関するお問い合わせ先】

■株式会社青春
■FAX:0745-51-0550
■営業時間:10:00-17:00(火曜日定休)
■e-mail:info@sei-shun.jp
■担当:田村

奈良県指定文化財「達磨寺方丈」(王寺町)でアートを体感する「王寺まちの芸術祭 vol.2」開催!新進気鋭の4名のアーティストの作品を展示、明神山山頂もサテライト会場に。|株式会社青春

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000106555.html

ライター

目次
閉じる