買い替えのための不動産売却の傾向は?不動産売却の検討者・実施者アンケートから分析 #買い替え #不動産売却アンケート #首都圏

目次

~不動産売却検討者&実施者調査~


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘、以下リクルート)が運営する『SUUMO』では、首都圏(東京都/千葉県/埼玉県/神奈川県) 在住の20-69歳男女を対象に不動産売却を検討する人および実施した人の意識と行動に関する調査を実施し、買い替えのための不動産売却についてまとめましたのでご報告させていただきます。


■ 「買い替え」に伴う売却不動産は、築10年未満が44.2%

「買い替え」に伴う売却物件は、「相続・贈与」された物件と比べて、築年数が浅いのが特徴です。「相続・贈与」物件では「築25年以上」が48.3%と約半数を占めるのに対し、「買い替え」では築10年未満が44.2%と約半数を占めています。
また、「取得してからの年数」を見ると、ボリュームゾーンは4年〜15年未満で50.0%と半数を占めています。買い替えは、例えば子どもの成長に合わせてもう少し広いところに住みたいとか、子どもが独立するのでもう少し便利でコンパクトなところに住みたいなど、ライフステージの変化に伴って発生することが多いようです。新築で購入して15年くらいの単位で買い替える、というケースが多いことから、このようなデータにつながったと考えられます。

1 2 3 4

ライター

目次
閉じる