【2023年版 第11回「住みたい田舎」ベストランキング発表】過去最多!~北海道沼田町、大分県豊後高田市、愛媛県今治市が全部門で1位を獲得!大分県豊後高田市は、11年連続ベスト3入りの快挙を達成~ #移住 #田舎 #北海道 #大分県 #愛媛県

目次

ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する月刊誌『田舎暮らしの本』は、2023年1月4日(水)発売の2月号で、「2023年版 第11回住みたい田舎ベストランキング」を発表。
※日本ABC協会 雑誌発行社レポート 2022年上半期(1~6月)より

 「住みたい田舎ベストランキング」は、“日本で唯一”の田舎暮らしを紹介する月刊誌『田舎暮らしの本』が2013年2月号より毎年実施しているランキングで、今回で11回目を迎えました。移住定住の促進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数などを含む279項目のアンケートを実施。671の自治体からいただいた回答をもとに、田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング形式で紹介しています。

 今年は、人口別に過去最多となる7グループ(1万人未満/1万人以上2万人未満/2万人以上3万人未満/3万人以上5万人未満/5万人以上10万人未満/10万人以上20万人未満/20万人以上)に分けてランキング。世代によって移住者のニーズや施策が多岐にわたるため、全世代対象の【総合部門】のほか、【若者世代・単身者部門】【子育て世代部門】【シニア世代部門】の全4部門を設置しました。「人口1万人未満のまち」では北海道沼田町が、「人口10万人以上20万人未満のまち」では愛媛県今治市が4部門すべてで1位を獲得し4冠を達成。「人口2万人以上3万人未満のまち」では、大分県豊後高田市も全部門で1位を獲得し、11年連続ベスト3入りを達成しました。さらに、全国を12に分けたエリア別ランキングでも【総合部門】【若者世代・単身者部門】【子育て世代部門】【シニア世代部門】 の4部門を発表しています。

 また、第17回「移住したい都道府県ランキング」も発表。読者アンケート(はがき、ネット回答)による1年間の集計結果を掲載しています。1位は17回連続で長野県が獲得。埼玉県が9位と初めてトップ10に入りました。ランキング情報の提供や編集長の取材も可能ですので、ぜひお問い合わせいただければ幸いです。

  • ※本ランキング情報掲載時は、宝島社『田舎暮らしの本』2月号、「2023年版 住みたい田舎ベストランキング」と必ずご明記ください。

『田舎暮らしの本』編集長柳 順一(やなぎ・じゅんいち)コメント
第11回となる今回は671市町村にご回答いただきました。前回からの変更点は、大きく2つ。人口規模によるグループ分けを5から7に増やしました。また世代別の3部門に総合部門を加えて4部門でランキング。これにより、魅力的な移住地にさらにアクセスしやすくなりました。アンケート回答によると、「移住相談件数の伸び」が「昨年度より多い印象」と回答した自治体は、「少ない印象」の約4.8倍にもなりました。移住への関心がさらに高まっていることがうかがえます。本誌が昨年立ち上げた「田舎暮らしの本Web」も飛躍的にPVを伸ばしております。本誌では、移住希望者と地域のニーズをマッチングさせるべく、さらに役立つ情報を発信してまいります。

1 2 3

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる