大企業の経営者、約7割が太陽光・蓄電池を活用した「自家発電・自家消費」の拡大に意欲的。「電力料金の高騰」「円安・物価高騰」などが理由。 #太陽光発電 #蓄電池 #自家発電

目次

~約6割が「誰でも簡単にできる太陽光発電の経済効果シミュレーション」に興味~

クラウド型エネルギー診断SaaS「エネがえるBiz(https://biz.enegaeru.com/)」を提供する国際航業株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:土方 聡)は、大企業(従業員数1,000名以上)の経営者・役員105名に対し、大企業経営者の自家発電に関する意識調査を実施。興味深い結果となった。

  • 調査サマリー
  • 調査概要

調査概要:大企業経営者の自家発電に関する意識調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
調査期間:2022年12月1日〜同年12月2日
有効回答:大企業(従業員数1,000名以上)の経営者・役員105名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。


  • 67.7%が太陽光を活用した「自家発電・自家消費」の拡大に意欲

「Q1.あなたは、太陽光を活用した「自家発電・自家消費」を拡大していきたいと思いますか。」(n=105)と質問したところ、「非常にそう思う」が30.6%、「ややそう思う」が37.1%という回答となりました。

・非常にそう思う:30.6%
・ややそう思う:37.1%

・あまりそう思わない:17.1%
・全くそう思わない:9.5%
・わからない/答えられない:5.7%

  • 理由として、約6割が「今後の電気料金高騰」を不安視

Q1で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q2.あなたが、太陽光を活用した「自家発電・自家消費」を拡大していきたいと思う理由について、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=71)と質問したところ、「今後さらに電気料金の高騰が予測されているから」が57.7%、「電気料金が高騰しているから」が50.7%、「蓄電池と連携して効果を高められるから」が33.8%という回答となりました。

・今後さらに電気料金の高騰が予測されているから:57.7%
・電気料金が高騰しているから:50.7%
・蓄電池と連携して効果を高められるから:33.8%

・停電しても電気が使えるから:32.4%
・円安・物価高騰でコストを削減したいから:25.4%
・補助金を活用できるから:25.4%
・その他:7.0%
 64歳:地球温暖化対策
 58歳:脱炭素の実現
 59歳:環境負荷を考えて
・わからない/答えられない:4.2%

1 2 3

ライター

目次
閉じる