【老舗材木屋のSDGs活動】老舗材木屋:岡崎製材株式会社によるSDGs・端材活用の取組みが、第5回 あいちサービス大賞「知事賞」を受賞。 #老舗材木屋 #SDGs #端材活用

目次

愛知県岡崎市の老舗材木屋:岡崎製材株式会社によるSDGs・端材活用の取組み“HAZAI® project”が、第5回 あいちサービス大賞に於いて最優秀賞に当たる「知事賞」 受賞した。

1917年(大正6年)創業、100年超の歴史を有する岡崎製材株式会社(本社: 愛知県岡崎市 代表取締役:八田 欣也、以下「同社」という) 。創業100年を迎えた2017年に「木と共に100年、木を活かして200年」というスローガンのもと起ち上げた“HAZAI® project”(*1)が、愛知県において先進的なサービスを提供している事業者を対象に優秀な成功事例を選考・表彰する「あいちサービス大賞」にて「知事賞」を受賞した。
(*1) HAZAI®は同社の登録商標

HAZAI® project:端材活用で生活に彩り・高級品質・無垢の温もりを届ける

当社の巨大な倉庫「ミュージアム」

  • あいちサービス大賞とは

 「モノづくり県」と言われる愛知においても、サービス産業は、事業所数・従業者数の7割以上、GDPの5割以上を占める、地域の経済活動を支える重要な産業である。
 本賞は、先進的なサービスを提供している事業者を対象に、優秀な成功事例を選考・表彰する、都道府県では初めての制度。受賞した事業者やその取組・サービスを広くPRすることにより、優秀な成功事例を広く展開し、県内サービス産業の生産性向上を図る。
【HP】:https://www.aichi-service.jp/about/

  • 表彰式

日時:令和5年2月10日(金) 14:15~14:30
場所:愛知県公館(〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸3丁目2-3)
出席者:あいちサービス大賞受賞企業5社
あいちサービス大賞審査委員長 太田聰一(慶應義塾大学経済学部教授)
愛知県知事 大村 秀章
愛知県経済産業局長 矢野 剛史
(※敬称略)

  • サービスの経緯と目的:ごみ問題の解消・材木屋の使命

 同社では原木を仕入れそれらを製材・加工してテーブル等の家具・インテリア雑貨を製作してきたが、その際に発生する「端材」が長年の課題となっていた。丸太を商品に加工していく過程で、端材として発生するのは原木(丸太)の約15~20%。大きな丸太の約1/5は決して少なくない量になる。端材の形は歪でサイズもバラバラ、用途も無く、多くの場合は焼却・廃棄処分されていた。
 これらの端材を無駄なく生かし新たな価値を創造することが、木に育てられ、生かされてきた私たち材木屋の切実な使命と捉え、SDGsに賛同する形でHAZAI® projectを推進することとなった。

色も形様々な端材

職人による製造風景

1 2 3 4

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる