​関西ソーシャルアパートメント、繁忙期目前に満室達成。2022年の平均稼働率は97.7%と高推移。企業寮や築古建物を活用し、若年層向けの交流型賃貸住宅として再生 #空き家再生 #賃貸 #ソーシャルアパートメント

株式会社グローバルエージェンツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山﨑剛)は、当社が運営する隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」にて、関西の4物件において2023年1月15日時点で募集可能空室ゼロを達成した。

当社はライフスタイルホテル事業の他に、ソーシャルアパートメント全51棟約3,000室の管理・運営を主力事業として展開しており、関西のOTOWA神戸元町(2015年10月開業)、ターミナルズ高槻(2018年10月開業)、ターミナルズ茨木(2019年6月開業)、ネイバーズ京都二条城(2021年6月開業)の4物件293室において、コロナ禍を迎えた2020年から徐々に稼働率向上を進め、この度の募集可能空室ゼロを達成致しました。
※募集可能空室…原状回復中(4室)を除く申込未済の空室


2020年のコロナショックでシェアハウス業界は厳しい打撃を受ける中、関西のソーシャルアパートメントではわずかに稼働を落としつつも、リモート疲れの反動で交流を求める方や、在宅勤務に居室+αの空間が欲しいという方からの需要を集めることができ、7月以降順調に稼働を伸ばしていきました。

2021年以降は年間を通して90%以上を維持、2022年においては平均97.7%と極めて高稼働を推移し、今回の満室達成に繋がりました。

2021年6月に開業したネイバーズ京都二条城ではコロナ禍を意識した共用部の設計を行い、約2割が首都圏からの移住など開業前満室を達成した後は常に満室状態を継続しています。


参照:ワークスペース・住人間の交流が魅力に、約2割が首都圏からの移住。「ネイバーズ京都二条城」全54戸が、開業前に満室 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000140.000007264.html
 

  • 協業パートナー様を募集中

ソーシャルアパートメントはグローバルエージェンツの登録商標として、自社サイトでの集客から管理運営までを一貫して行っています。
ほとんどの物件が企業寮や学生寮をリノベーションしており、築古建物の再生事業としてもご注目頂いています。そうした物件に多い駅距離など懸念点のある条件下でも、充実した共用部や入居者コミュニティのあるソーシャルアパートメントという付加価値によって、建物の取り壊しや一般賃貸への転用よりも圧倒的に好条件となる、家賃の高価格設定や安定稼働を望めます。

またソーシャルアパートメントの入居者は物件内交流だけでなく、地域交流にも積極的に関わっていく傾向にあるため、地域交流イベントへの参加や企画、地域の歴史や文化等の魅力の発信などを通して、まちづくりに寄与していくことも期待できます。
現在、関西エリアでもソーシャルアパートメントの規模拡大を進めています。
建物オーナー様等、ご興味をお持ちの方は以下よりお問い合わせ下さい。

【お問い合わせ】

ソーシャルアパートメント 関西オフィス 

担当:渡邊
Mail:sourcing@global-agents.co.jp
 

1 2

ライター

目次
閉じる