小・中学生と一緒に、「花とみどり」で都農町の商店街を元気に。1月29日、商店街の空き地で花とみどりを楽しむ「みちくさ市」開催 #商店街活性化 #花とみどり #つの未来まちづくり

 一般財団法人つの未来まちづくり推進機構(代表理事:水永正憲 以下つの未来財団)は、都農町ゼロカーボンU-18議会に施策提言する町内小・中学生選抜チーム「Green Hope」と一緒に、宮崎県都農町中町地区にある商店街の町有地を活用して、「花とみどり」で商店街を元気にするイベント「みちくさ市」を1月29日(日)9時より開催する。「みちくさ市」は、毎月1回を目処に定期開催し、町がこれから進める商店街活性化計画における企画や集客に関する実証実験としての役割を担う。

主催者・運営メンバー@会場となる商店街の空き地

【開催の背景】
 都農町は人口1万人の小さな町。中町地区にある商店街は、かつての賑わいもなく、今ではすっかり人通りも少なくなりました。

商店街は、毎年開催される町最大のイベント一之宮都農神社夏大祭の御神輿行列の舞台でもあり、町民には古くからメインストリートとしての認識が根付いています。かつては商店街として繁栄し、町民の生活を支え、文化の起点としても大きな役割を果たしてきました。

 都農町では、昨年、これからの100年のまちづくりを町民と話し合いながら策定したグランドデザインで、商店街の未来ビジョンを「さるきたくなる愉歩道」と位置づけました。

都農町役場・つの未来財団では、グランドデザインを具現化させていくために、昨年10月より、商店街の再生・活性化について、ハード面では側溝・舗装・沿道の整備、ソフト面ではシャッター店舗・空き家・空き地の有効活用索など議論を進めています。

「さるきたくなる愉歩道」の実現のために、まずはいますぐできることとして町有地を活用したイベントを実証実験としてスタートさせ、町民の反応を踏まえて今後の具体的な計画に役立ていこうと考えています。

【みちくさ市の概要】
1.     尾鈴マラソンを盛り上げよう!花のプランター作り
2月11日に3年ぶりに開催される尾鈴マラソン。中町自治会・北町自治会では、ランナーの方々に少しでも気持ちよく走っていただくために、マラソンコースになる商店街沿道に約100台の植栽プランターを設置します。

「みちくさ市」の会場で9時から住民のみなさんと一緒にプランターと木枠づくりを行います。

2.     1,000本のスイートピーでつくる、フラワーアートづくり
Green Hopeの小・中学生と地元のスイートピー生産者、細野啓志郎さんが中心となり、「みちくさ市」会場で12時から、約1,000本のスイートピーを中心に、小・中学生がデザインしたフラワーアートづくりをタカラダフラワーさん監修で実施します。


スイートピー生産者 細野啓志郎さん

町内にスイートピー生産者は13件もいるのに、日ごろ、町民の目に触れる機会はごく稀。「みちくさ市」をきっかけに、町でつくっているスイートピーを見てほしい。花を通してまちづくりに貢献できるのはとても有意義。特に、子どもたちが将来、花やみどりの事業に関わってくれれば嬉しい。

3.     町内の生花・種苗店が協力
都農町で生花・種苗店を経営する店舗が出店やフラワーアレンジメントで参画。

(出店・協力事業者)

株式会社 華りん(生花・ドライフラワー)         |宮崎県児湯郡都農町川北2116

TAKARADA FLOWER(生花・観葉植物)       |宮崎県児湯郡都農町大字川北4761-1        

三鍋種苗店(園芸・種苗)                                |宮崎県児湯郡都農町大字川北4775

1 2 3

ライター