SUVACO『いい家・オブ・ザ・イヤー2022』発表 今年のキーワードは「外は緑、中は光」 #家づくり #設計 #いい家オブザイヤー2022

目次

〜自然の光の移ろいを暮らしの中で楽しむ 〜

SUVACO(スバコ)株式会社(東京都港区/代表:会田 敦史)が運営する家づくりのマッチングプラットフォームSUVACO(スバコ)は、その年ユーザーに最も支持された住宅事例ランキングである『いい家・オブ・ザ・イヤー2022』を発表した。

● 950件の住宅事例の中で、2022年、最もユーザーに支持されたのは?

SUVACOには、全国の家づくりのプロ(以下、専門家)による優れた住宅事例(注文住宅・リノベーション)が日々掲載されており、この2022年に新たに掲載された事例は昨年に引き続き1,000件近くに上ります。

その中から、サイト閲覧ユーザーによる「いい家!数」や「お気に入り数」を元に、最も支持の高かった上位10事例を選出しました。

● SUVACO『いい家オブ・ザ・イヤー2022』
【URL】 https://suvaco.jp/doc/house-of-the-year-2022-221221

※記事内では、TOP15位までをご紹介しています
 

1位 光帯の家(鹿内 健)

▼1位〜10位 (カッコ内は事例を手掛けた会社名)

  • 1位 光帯の家(鹿内 健) 
  • ​2位 overstory 既存住宅のポテンシャルを引き出す縁の下のリノベーション(エキップ)
  • 3位 オグハウス(インクアーキテクツ)
  • 4位 「シンプルモダン×素材感」マンションリノベーション。(CLOCK)
  • 5位 久が原のコートハウス(小嶋良一|こぢこぢ一級建築士事務所)
  • 6位 凹凸の多い間取り/庭付きマンションのポテンシャルを引き出すフルリノベーション(植村康平)
  • 7位 清澄白河の家~中と外の関係を生むリノベーション~(333architects)
  • 8位 GLA/森の素形(一級建築士事務所 GLA)
  • 9位 Spectrum 光をあやとる|清瀬の家(白崎泰弘・治代)
  • 10位 丹生川の古民家(烏野良子)

『SUVACO』調べ(集計期間:2021年12月9日~2022年12月5日)
※2021年のSUVACO『いい家・オブ・ザ・イヤー2021』集計日以降を対象期間としています。

1 2

ライター

目次
閉じる