お金意識の総決算を実施!物価上昇を感じる人が9割を超え、同時に円安への危機感を感じている人も9割弱の結果に!一番印象に残った事象は? #お金意識調査 #物価 #景気

目次

12月の冬のボーナス時期にお金について考える「マネーキャリアの日」を12月10日に制定!マネーキャリアの日に合わせて、これまで人気だったマネーセミナーを1ヶ月無料アーカイブ公開

お金の相談プラットフォーム「マネーキャリア」を運営する株式会社Wizleap(東京都渋谷区、代表取締役 谷川昌平)は、「2022年お金にまつわる調査」でお金意識の総決算を行った。
調査の結果、物価上昇を感じる人が9割超え!円安への危機感を感じている人も9割弱の結果となり、ほとんどの人が今後のお金事情に不安を覚え、資産形成や積み立てなど、投資の意識が高まってきそうな結果となった。

また、マネーキャリアは12月の冬のボーナス時期にお金について考える「マネーキャリアの日」を12月10日に制定。さらにその日に合わせて、これまで人気だったマネーセミナーを1ヶ月無料アーカイブ動画を公開する。

■2022年はコロナやウクライナ問題の影響で約9割の人が負担増加を実感長引くコロナ禍やウクライナ侵攻など、様々な驚異が起こった2022年ですが、「あなたはここ最近の円安によって、お金に関する危機感を感じますか。」という質問に対して、危機感を「感じる」と答えた人は全体の87%に上り、「あなたはこの1年で物価上昇について、実感がありますか。」という質問には「実感がある」と答えた人は93%となり、約9割の人が、負担の増加を実感する結果となりました。

■物価上昇を感じるもの1位は「食料品・酒類」、2位が光熱費
物価上昇を感じるものについて、複数回答で質問したところ、1位が「食料品・酒類」、2位が「光熱費」という結果となりました。3位、4位は僅差で「日用品」、「ガソリン代」となり、多くが物価上昇を感じている結果となりました。

■お金の危機感を感じる人「対策せず」が半数以上で、解決方法が課題に

ここ最近の円安によって「お金に関する危機感を感じる」と回答された方へ「現在、円安について何らかの対策をしていますか。」という質問をすると約半数以上の人が「対策をしていない」と答え、危機感は感じつつも、どこに相談していいのかが不明だったり、何から手をつけていいのかわからない印象でした。

1 2

ライター

目次
閉じる