電気自動車時代を見据えた【住宅用】V2H蓄電システム「eneplat」新発売 #蓄電システム #太陽光発電 #eneplat

【住宅用】V2H蓄電システム「eneplat」設置イメージ

パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社(以下、パナソニック)は、電気自動車のバッテリーに蓄えた電力を家庭へ供給するV2H(Vehicle to Home)と蓄電池を連携させ、太陽光発電の電気を家庭で自家消費する新商品【住宅用】V2H蓄電システム「eneplat(エネプラット)」の受注を2023年2月21日より開始します(※1)。また、家庭内の様々な家電や住宅設備機器を連携させるエネルギーソリューションの中核機器「AiSEG2(アイセグ2)」のバージョンアップを2023年夏(※2)に実施し、【住宅用】V2H蓄電システム「eneplat」と連携を図ります。

2050年のカーボンニュートラル実現に向けた脱炭素化、電気自動車の普及の加速、電気代高騰などを受け、太陽光でつくった電気を売電するのではなく、家庭内で利用する自家消費のニーズが高まっています。

【住宅用】V2H蓄電システム「eneplat」は、業界初(※3)の電気自動車(※4)と蓄電池による同時充放電を実現。より多くの太陽光発電を家庭内で有効活用でき、太陽光発電の売電量・系統からの購入電力量を減らし、電気の自給自足を目指します。
さらに、AiSEG2が日々の電力使用量と翌日の日射量予報(※5)を元に余剰電力量を予測し、蓄電池の充放電を自動制御。AiSEG2とV2H(電気自動車)導入により、自家消費効果約50%が約90%と大きく向上(※6)、CO2排出量として年間約1.0 t削減向上(※6)に貢献します(パナソニック導入効果シミュレーションより)。

また、AiSEG2が気象警報と連動し、電気自動車(※4、7、8)と蓄電池へ自動で充電(※8)。停電に備えて蓄電残量を確保します。もし停電が発生した場合でも業界トップクラス(※9)の自立出力100/200 V 6 kVA(※10)により、IHクッキングヒーターやエアコンなどの200 V機器も利用可能(※11)。温かい食事、快適な空調環境で普段に近い暮らしを送れます。

V2Hスタンドは、エアコン室外機1台分(※12)より小さい床面積で設置可能なコンパクトサイズ。駐車場の限られたスペースにも設置しやすく、電気自動車の購入に合わせて屋外工事のみ(※13)で後から増設可能。今から将来の電気自動車(※4)ライフに備えておくことができます。

パナソニックは今後もエネルギーソリューションの提供を通して、快適で豊かな暮らしの実現に貢献していきます。

なお、新製品は2022年12月5日~7日「スマートハウスEXPO」のパナソニックブース、同7日~9日「エコプロ2022」の東京都企画政策局(東京ベイeSGプロジェクト)ブースに出展します(両展示会とも、東京ビッグサイトにて開催)。また【住宅用】V2H蓄電システム「eneplat」は、今後Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(※14)の戸建住宅に導入予定です。

1 2

ライター

目次
閉じる