【不動産DXで管理業務を効率化】賃貸不動産オーナーの約6割が「書類での管理」に不満 「書類探しで確定申告の時期が憂鬱」などの声 #不動産DX #管理業務アプリ化 #賃貸

目次

〜74.1%が「不動産管理業務のアプリ化」に意欲〜

 アセットテクノロジー株式会社(本社:⼤阪府⼤阪市、代表取締役:宮本泰光、https://assettech.co.jp/service/)は、関西の賃貸不動産を所有しているオーナー110名に対し、賃貸不動産の管理業務に関する実態調査を実施した。

  • 調査サマリー
  • 調査概要

調査概要:賃貸不動産の管理業務に関する実態調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
調査期間:2022年9月30日〜同年10月1日
有効回答:関西の賃貸不動産を所有しているオーナー110名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

≪利用条件≫
1 情報の出典元として「アセットテクノロジー株式会社」の名前を明記してください。
2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、下記リンクを設置してください。
URL:https://assettech.co.jp/service/ 

  • 賃貸経営の管理業務、約6割が「書類」で管理

 「Q1.あなたは、どのような方法で賃貸経営の管理業務を行っていますか。」(n=110)と質問したところ、「エクセル」が61.8%、「書類」が59.1%、「アプリ・ソフトウェア」が33.6%という回答となりました。

・エクセル:61.8%
・書類:59.1%
・アプリ・ソフトウェア:33.6%

・その他:1.8%
 ー65歳:経理担当会社が行なっている
 ー76歳:委託
・収支管理をしていない:8.2%
・わからない/答えられない:2.7%

  • 一方、「書類」での管理方法に67.7%が不満あり

 Q1で「書類」と回答した方に、「Q2.「書類」で賃貸経営の管理業務を行う中で不満はありますか。」(n=65)と質問したところ、「かなりある」が33.9%、「ややある」が33.8%という回答となりました。

・かなりある:33.9%
・ややある:33.8%

・あまりない:24.6%
・全くない:7.7%
・わからない/答えられない:0.0%

  • 書類での管理に、約6割から「書類を探すのが面倒で、確定申告の時期が憂鬱」や「人為的なミスが起こる」などに不満の声

 Q2で「かなりある」「ややある」と回答した方に、「Q3.「書類」で賃貸経営の管理業務を行う中で、不満に感じることを教えてください。(複数回答)」(n=44)と質問したところ、「書類を探すのが面倒で、確定申告の時期が憂鬱」が63.6%、「人為的なミスが起こる」が56.8%、「外出先で確認できない」が54.5%という回答となりました。

・書類を探すのが面倒で、確定申告の時期が憂鬱:63.6%
・人為的なミスが起こる:56.8%
・外出先で確認できない:54.5%

・紛失の不安があり、保管が大変:43.2%
・セキュリティが万全でない:40.9%
・書き込むのが面倒:34.1%
・収支状況などの確認が面倒:6.8%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:0.0%

  • 「エクセル」での管理方法にも63.2%が不満あり

 Q1で「エクセル」と回答した方に、「Q4.「エクセル」で賃貸経営の管理業務を行う中で不満はありますか。」(n=68)と質問したところ、「かなりある」が26.4%、「ややある」が36.8%という回答となりました。

1 2 3

ライター

目次
閉じる