「2拠点生活」に関するアンケート調査を実施  【都内在住ママさん】に聞いた2拠点生活を送るならどこが良い? 2位は人気エリア「神奈川県」― 1位は…? #2拠点生活 #移住 #デュアラー

~コロナウイルス感染拡大を機に 移住や二地域居住した方などの多様なライフスタイルを発信~

合同会社Stone intech(本社:東京都足立区、代表:中嶋 遼太)が運営する、地方創生・関係人口の創出や拡大を目的とした情報発信メディア「二拠点・移住ライフ大学」は、都内在住女性に「2拠点生活」に関するアンケート調査を行った。

二拠点・移住ライフ大学サイト(URL: https://dual-life-iju.com/ )

■2拠点生活に関する調査を行った背景
仕事がある平日は都心部で暮らしながら、週末だけ田舎暮らしをするなど、都市部と地方でのデュアルライフ(二拠点生活)を送るデュアラー(二拠点生活者)がいま注目を浴びています。株式会社リクルートホールディングスが発表した「2019年トレンド予測」に「デュアラー」が選ばれ、今後この生活スタイルを送る人々も増えていくことが予想されます。

■調査結果はこちら
都内在住ママさんを対象に「2拠点生活をするならどこが良いか」アンケート調査を行ったところ、1位は「沖縄県」でした。その他についてもランキング形式でご紹介していきます。

2拠点生活で住みたい都道府県TOP10
2位以降は、「神奈川県」、「北海道」と続き、「長崎県」「福岡県」「静岡県」が同率8位という結果になりました。

(1) 1位は27%で沖縄県。
理由は「ゆったり流れる時間」や「自然の豊かさ」
2拠点生活で住みたい都道府県1位は「沖縄県」でした。選ばれた大きな理由は「静かにまったり過ごしたい」や「豊かな自然環境や海」、「ゆったり流れる時間」、「温暖な気候」という理由が大部分を占めました。

沖縄県内の中でも住みたいまちについて多くの票を集めたのは那覇市と石垣島でした。那覇市は沖縄県の県庁所在地でもあり、東京からのアクセスも良く生活利便性と交通利便性を兼ね備えています。

都内在住の方の多くは、都内では感じられない自然環境を魅力に感じ2拠点生活で住みたい都道府県に「沖縄県」を選ぶ人が多いようです。

1 2

ライター

目次
閉じる