廃校利活用施設で木の温もりに触れる、『木の地産地消』をテーマにしたクリスマスイベント「FOREST DOOR Christmas 2022」開催! #廃校活用 #地域木材 #コワーキングスペース #クリスマス

目次

FOREST DOOR -旧神楽小学校- 2022年10月リニューアルOPEN

株式会社フォレスト・ドア(代表取締役:足立龍男)が運営する廃校利活用施設「FOREST DOOR -旧神楽小学校-」(所在地:兵庫県丹波市、https://forestdoor.co.jp/)は、2022年12月3日(土)〜12月25日(日)の期間限定で、『木の地産地消』をテーマにしたクリスマスイベント「FOREST DOOR Christmas 2022」を開催することを決定した。

地域材に触れる体験を通して、寒い冬にこそ感じる“木の温かみ、ありがたみ”をお届け
 市の面積の75%を森林が占める兵庫県丹波市の山林は、現在思うように間伐が進んでおらず、この状態が続けば、近い将来に自然災害を引き起こす危険性があります。多くの人に木の魅力を知ってもらい、丹波産木材の需要を拡大すると共に森林資源の利用促進に繋げていくため、『木の地産地消』をテーマとした地域材に触れるクリスマスイベントをこの度開催いたします。
 寒い冬の時期にこそ、天然木の持つ独特の温かみや癒し効果をぜひご体感ください。

丹波産スギ・ヒノキの無垢材で制作した、 直径1mの木製アドベントカレンダー
地域材をふんだんに使用した「木のコワーキングスペース MUKU」


『森の情報発信基地を』をコンセプトに、2022年10月に施設を一部リニューアル!
 廃校利活用施設「FOREST DOOR -旧神楽小学校-」は、2022年10月に地域の森林資源の更なる利活用と情報発信のため、施設の一部をリニューアル。新たにコワーキングスペースや研修室、木の直売所/DIYスペース、ショールーム、山や森の相談窓口のサービスを開始しています。
 2023年4月からはプライベートコテージの営業も予定しており、今後も『森の情報発信基地』として木や森に関するクリエイティブな情報を発信し続け、里山における持続可能な循環型社会の形成に向けて取り組んでいきます。

  • 「FOREST DOOR Christmas 2022」 概要

イベント期間:12月3日(土)〜12月25日(日)

木のおもちゃ作家・吉竹宏泰さん制作のアドベントカレンダー展示
クリスマスまでの期間をカウントダウンするアドベントカレンダーを、木のおもちゃミュージアム「monoile Wood Toy Museum」の作家・吉竹宏泰さんが丹波産スギ・ヒノキの無垢材を使い制作。
天然木の温かみや自然の風合いを活かして、おもちゃ作家が命を吹き込んだ素敵な作品に仕上がっています。
トナカイの針が進む度、クリスマスが楽しみになること間違いなし!

開催時間:<平日> 9:00~17:00  <土日> 9:00~19:00
開催場所:<平日> インフォメーション前  <土日> 木づかいショールーム

■吉竹宏泰(よしたけひろやす)・木工作家
2011年から木工と喫茶の店として「monoile」を始める。
2020年FOREST DOORにて、木のおもちゃミュージアム「monoile Wood Toy Museum」の営業を開始。
オーダーメイドのおもちゃ制作を中心に、3世代が笑って遊べるをテーマにして、様々な木の製品を作り続けている。

1 2 3

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる