VUILD、空き家再生に取り組むLIFULLとデジタル木材加工技術サービス「EMARF」を使用したサウナユニットを共同開発 #空き家再生 #サウナユニット #木材加工

目次

栃木県那須町にて築古別荘のリノベーションプロジェクトに参画し、プライベートサウナ付き貸別荘として実証実験を開始

VUILD株式会社は、事業を通じて社会課題の解決に取り組む株式会社LIFULLが開始した「21世紀型社会」の共創・実証実験・社会実装を推進しているリビングラボ=ナスコンバレー※の実証フィールドである栃木県那須地域において、空き家となっている築古の別荘を再生し、貸別荘として不動産のバリューアップを図るプロジェクトの実証実験に参画した。

プロジェクトの第一弾としてデジタル木材加工技術サービス「EMARF」を使用した組み立て式のサウナユニットを開発、設置しました。プライベートサウナ付き貸別荘は2022年10月25日より運営を開始しています。

□宿泊予約ページリンク:https://www.pure-cottages.jp/plan/366

このプロジェクトは、LIFULLが別荘物件の選定・購入・リノベーションを行い、プライベートサウナを付帯させることで付加価値をつけて宿泊施設に再生します。

1.プロジェクトの取り組み背景
日本各地には現在別荘が約38万戸※あり、その多くは所有者の高齢化や建物の老朽化により空き家となっているケースが多く、放置された別荘は不動産価値の低下、景観の悪化など、地域課題の一因となっています。※国土交通省 平成30年空家実態調査より

一方でコロナ禍以降、自然の中で過ごしたい、プライベートな空間で気兼ねなく過ごしたいというニーズが高まっていますが、多くの人にとって「別荘」は手の届きにくい高級商材というイメージが強く、所有や利用の機会は限定的です。

また、中古の別荘は新築に比べて手に届きやすい価格ではあるものの、多くは築30年を超えており、現代のニーズに合っていない間取りや設備仕様であったり、老朽化してリノベーションを施す必要があったり「煩わしさ」が伴うものでした。

2.サウナユニットの特徴
プロジェクト第一弾となる今回は、既存建物に増設されたウッドデッキの上に、組み立て式のサウナユニットを設置することで、サウナを通じてリビングと外部の空間をつなげ、より自然を感じられる体験を創出します。

サウナユニットの特徴は大きく3つあります。今回のプロトタイプを皮切りに商品化を目指し、どこでも、自由自在に「世界に一つだけのサウナ」を実現します。

※プロセスムービー[映像制作:toha]:https://youtu.be/0YfXCgMuEd4

2-1.カスタマイズ

VUILDが全国各地に導入している木材の3D加工機「ShopBot」を用いることで複雑な曲線の形も設計データ通りに切り出すことができるため、フリーハンドで書いた曲線がそのままサウナの断面形状に現れます。

1 2 3

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる