築150年の古民家を再生し民泊として活用!明治維新の時代に活躍した山梨の名主“天野開三“本家徳川方に襲われた鉄砲の跡も箪笥に残る歴史的建物に泊まれる!#古民家再生 #民泊 #歴史的建物 #天野邸

目次

~古民家再生により地域創生に貢献し観光客を呼び込む取り組み~

株式会社Villa Repro(ヴィラリプロ)(本社:神奈川県川崎市、代表:羽田 徹)がプロデュースする古民家を再生させた別荘民泊「天野邸(あまのてい/オーナー:天野明美)」が山梨県都留市境に11月1日にオープンした。

この別荘民泊は明治維新時に地元の名主として活躍した天野開三の本家。天野開三の子孫である天野保宏さん夫妻が所有する建物。
現在は東京に住む夫妻が、空き家になっていた本家を活用できないか?と相談。

別荘民泊を14軒手掛け、山梨県都留市でも既に3軒の別荘民泊を手掛けていた株式会社Villa Repro代表の羽田氏が別荘民泊としてプロデュースし、明治維新の当時を体感できる宿にした。

別荘民泊プロデューサーの羽田氏は「歴史的な建造物で、しかも民泊として貸し出す1階だけでも198㎡もある大邸宅です。非日常体験、明治時代にタイムスリップしたような体験ができる貴重な宿です。しかも、建物は放置していると傷みが激しくなります。民泊として活用することで歴史的な建物を保全していくことも大切な使命です」と話します。

平成21年(2009年)にはミュージアム都留で「天野開三展」が開催されるなど地元で親しまれています。

慶応3年(1867年)当時、徳川方の一隊が江戸を脱走し、駿河を目指して逃走する途中、天野邸を襲い、旅費を強要する事件がありました。今も天野邸の家具には、その時鉄砲で付けられた跡が、そのまま残されています。

幕末から明治に掛けての歴史も感じることができる天野邸に泊まって、明治維新体験をしてみませんか? 
【Webページ】https://loghouse.life

【天野邸概要】
開業:2022年11月1日(火)
住所:山梨県都留市境203天野邸
ホームページ:https://loghouse.life
宿泊予約:https://airbnb.com/h/amano-tei

1 2

ライター

目次
閉じる