空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

愛知県・豊田高専の学生による多世代参加型交流事業「豊田高専ドミタウン」で、中山間地域活性化イベントを開催! #地方創生 #地域活性化 #愛知県

〜授業でもない、部活動でもない、人間力の育成〜


豊田工業高等専門学校(愛知県豊田市、校長:山田陽滋、以下「豊田高専」)では、学生有志が主体となり教職員有志の支援や地域住民の方々の協力も得て、中山間地域である豊田市笹戸町で、多世代参加型交流事業「豊田高専ドミタウン」を2015年から継続的に取り組んでおり、2022年5月22日(日)には、公募した小学生とともに科学工作「オリジナルビー玉万華鏡作り」と休耕地を活用した「田植え体験」を実施した。

小学生と一緒に万華鏡作りに取り組む高専生

小学生・高専生・地域の方々全員での田植え

豊田高専ドミタウンについて
 多世代参加型交流事業「豊田高専ドミタウン」は、学生と教職員の有志が豊田高専ドミタウン実行委員会を2015年に結成し、活動8年目に入った活動です。ドミタウンとは、「学寮(ドミトリー)の仕組みを取り入れて多世代が交流するまち(タウン)」のことです。豊田高専ドミタウンでは、寮で決まった時間に実施されている「点呼」や高学年が低学年をサポートする「指導寮生(ドミタウンでは“チューター”と呼称)」などの仕組みを取り入れ、参加した小学生に豊田高専の学生寮の仕組みを体験してもらうことにしています。これまで、豊田市笹戸町を活動拠点として、学生、教職員、地域住民の方々、豊田市近隣に居住する小学生たちが一つになって、休耕地を活用した稲作や畑作、科学工作などに取り組んできました。

5月22日の科学工作と田植え体験
 2022年5月22日(日)の豊田高専ドミタウンでは、学生15名、教職員4名、公募した小学生17名、地域住民の方々など、総勢45名程度で活動を展開しました。午前には、科学工作として「オリジナルビー玉万華鏡作り」に取り組みました。午後には、休耕地となっていた田をお借りし、地域住民の方々の協力も得てもち米の田植え体験に取り組みました。

 高専生はこの日のために、工作の内容などを企画するミーティングを昨年度から学校内で複数回実施し、2022年5月1日には実際に現地で“小学生役”と“チューター役”に分かれて万華鏡作りのシミュレーションに取り組んできました。また、5月1日には地域住民の方々と田植えの実施方法についても打ち合わせるなど、学生主体で実施内容やスケジュール等を検討・確認することで入念に準備を進めてきました。

 当日もイベントの進行や小学生の点呼、チューターによる小学生のサポートなど、綿密に準備してきたことにより大きな問題が生じることなく、学生主体でイベントを実施することができました。

【科学工作:オリジナルビー玉万華鏡作り】
 午前のオリジナルビー玉万華鏡作りでは、色紙を切り抜き、筒に貼り付け、筒の中にビー玉を入れてビー玉入りの筒を作りました。ビー玉入りの筒に光が差し込むようにして覗くと、万華鏡のようにきれいな世界が筒の中に広がります。様々な色を山型に切り抜く型紙を参加者に配布して、それぞれ筒の中のデザインは高専生と協力して試行錯誤しながら作ってもらいました。 

切抜作業では性格が出ます
どんな万華鏡に仕上がったかな?

【田植え体験】
 午後には、豊田高専ドミタウン実行委員会が借り受けた豊田市笹戸町の休耕田で、田起こしや苗の準備などの事前準備では地域住民の方々の多大なご支援・ご協力を得ながら、もち米の田植え体験を実施しました。暑いくらいの陽気の中、高専生や小学生、地域住民の方々が一緒に、田植えに励みました。

泥に足を取られて大苦戦!
田植え日和の一日でした

 最後の振り返りの時間で参加した小学生に感想を発表してもらうと、「楽しかった!」、「田植えは難しいことがわかった!」など、今回のイベントを大いに楽しみ、また様々な内容を学んでくれたことが伝わってきました。「次も参加したいです!」と言ってくれた小学生の皆さんも多く、高専生にとっても自分たちで企画した科学工作などがうまく実施できたことが自信につながりました。高専生からは、楽しかったという感想以外にも、「年齢や居住地域が異なる人とイベントに取り組む中で、楽しさと同時に全体の進行の難しさも感じた」、「授業や部活動だけではできない経験ができた」などの声が聞かれ、自身の成長に繋がっていると感じた学生もいたようでした。

次回、9月23日(金・祝)には稲刈り体験と新たな科学工作に取り組むべく、準備を始めています。

活動場所まではみんなで 路線バスで移動します
地域住民の代表の方による 歓迎の挨拶

学生代表による挨拶・説明
昼休みなのに全力鬼ごっこ!!

地域住民の方に 田植えの方法を教わります
堂々とした感想発表

【豊田工業高等専門学校について】
 高等専門学校(以下「高専」)は、社会が必要とする技術者を養成するために1962年(昭和37年)に設立されました。高専は、中学校の卒業生を受け入れて、1学科40名による5年間の一貫教育を行う高等教育機関です。
 豊田高専は1963年(昭和38年)に愛知県豊田市に設立され、幅広く豊かな人間教育を目指し、数学・英語・国語などの一般科目と実験・実習を重視した専門科目に基づくカリキュラムにより、実践的、専門的な技術者教育を行っています。
 卒業生は、約半数が国立大学の3年次編入学や高専の専攻科に進学し、約半数が多様な産業分野で実践的技術者として活躍しています。

【学校概要】

学校名:独立行政法人国立高等専門学校機構 豊田工業高等専門学校
所在地:愛知県豊田市栄生町2-1
校長名:山田 陽滋
設立:1963年
URL:https://www.toyota-ct.ac.jp/
事業内容:高等専門学校・高等教育機関

【取組担当者】
豊田工業高等専門学校 環境都市工学科 准教授 佐藤 雄哉

~2022年度、高等専門学校制度は創設60周年を迎えます~
https://www.kosen-k.go.jp/Portals/0/60th/


【豊田高専】学生による中山間地域活性化イベントを開催! | 独立行政法人国立高等専門学校機構

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000159.000075419.html

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP