空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

【Withコロナの“ちょうどいい生産性”を探す】50名限定!長崎県・五島市主催「余白と戯れるワーケーション GWC2022 SUMMER」が、5月16日 エントリー開始! #五島列島 #ワーケーション


​九州最西端に位置する、長崎県五島市(市長:野口 市太郎)は、コロナ禍を経た今年度に約2年ぶり、3回目となる『余白と戯れるワーケーション GWC2022 SUMMER』を2022年6月28日(火)〜7月11日(月)に開催することを決定した。一般募集は、5月16日(月)から限定50名でスタートする。

 withコロナから約2年が経ち、リモートワークが日常の一部になったビジネスパーソンは劇的に増えました。次々に切り替わる会議、雑談の少ないチャット、移動時間のないスケジュールで仕事はサクサク進むようになった一方、「余白」は失われがちになりました。そうした状況を背景に、ビジネスパーソン一人ひとりのwell-beingと「仕事の生産性」のバランスをゼロベースで考えるワーケーションイベントを企画しました。

目の前に美しい海の広がるバンガロー(Wi-Fi環境あり)で参加者同士が一緒に滞在し、慣れ親しんだ都市部の「便利な生活環境」から離れてリモートワークに挑戦することで、心身ともに”ちょうどいい生産性”を再考する機会を創出します。

  • <開催概要>

・企画名:『余白と戯れるワーケーション GWC2022 SUMMER』
・公式サイト:https://yohakuworkcation.mitsutabi.jp
・募集開始:2022年5月16日(月)〜5月26日(木)
・開催期間:2022年6月28日(火)〜7月11日(月)
(※各参加者の滞在期間:3泊4日以上)

・参加人数:50名(予定)

・開催場所:長崎県 五島列島 福江島

・主催:五島市
・企画運営:一般社団法人 みつめる旅

  • 「余白と戯れるワーケーション GWC2022」のコンセプト

リモートワークが日常の一部になって、まる2年。
次々に切り替わる会議、雑談の少ないチャット、移動時間のないスケジュール。仕事は短時間でサクサク進むようになったけれど、この働き方を一生続けていくのは、何かちょっと違う気がする。

毎日オフィスにいるより効率はいいけど、何か足らない。

私たちが幸せでいられる「ちょうどいい生産性」は、どこにあるのだろう?

九州最西端の小さな島まで、その答えを探しにいくGWC(五島ワーケーション・チャレンジ)2022。夏、秋、冬ーーそれぞれの季節の中で、遊んで、食べて、語らって、「余白」とたっぷり戯れながら全身で考えてみませんか?

あえて「普段の仕事」は控えめ、「余白」は多めに。ゼロベース思考で過ごす五島ワーケーション・チャレンジが始まります。

  • 「余白と戯れるワーケーション GWC2022 SUMMER」5つの特徴

❶最初の3泊は市街地から離れ、「ビーチ前のバンガロー」に滞在
『余白と戯れるワーケーション GWC2022 SUMMER』の最大の特徴は、最初の3泊を市街地から離れたビーチ前のバンガロー(Wi-Fi環境あり)に滞在すること。目の前には素朴で美しいビーチが広がり、心地よい風が吹き、鳥のさえずりが聞こえます。そうした日常生活とはまったく異なる環境に来島初日から4日間は身を置くことで、心身ともにモードを切り替えます。


❷「離島ならではの不便」を仲間と一緒に楽しむ仕掛け
最初の4日間を過ごすバンガロー周辺には、24時間営業のコンビニ、アプリですぐに呼べるタクシー、いつでも食べられるファーストフード店はありませんが、地元の食材を取り扱う八百屋や精肉店の立ち並ぶ商店街があります。参加者同士で、バンガロー備え付けのキッチンで地元食材を使って料理をしてみたり、釣った魚でBBQを楽しんだり、不便を”豊かな体験”に変える仕掛けを盛り込んでいます。


❸”ちょうどいい生産性”を考える4日目からのホテルステイ
バンガローで過ごす最初の3泊が「余白と戯れる時間」であるのに対して、4日目からはそこで味わった「余白について考える時間」。市街地でビジネスホテルからリゾートホテルまで好きなホテルを選択して滞在し、快適にリモートワークをしつつ、自分にとって”ちょうどいい生産性”を改めて見つけていきます。市街地には「五島の食」が堪能できる素敵な飲食店もたくさんあります。


❹レジャーシートにもなる「五島ワーケーションマップ」を全員にプレゼント!
2022年3月に五島市から発行された『1人用レジャーシートとしても使える!五島ワーケーションマップ(福江島編)』のGWC2022特別版を、参加者全員にプレゼント。初来島者でもこれさえあれば不自由なくワーケーションを楽しめる必須アイテムです。お気に入りの絶景スポットに広げて、ランチをしたり、ボーっとしたり「余白」を満喫するお供として活用してください。
※参考リンク:『1人用レジャーシートとしても使える!五島ワーケーションマップ(福江島編)』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000195.000032871.html


❺ワーケーションの参加費用に「ふるさと納税」が使える

『余白と戯れるワーケーション GWC2022 SUMMER』にかかる参加費用の一部を、五島市へのふるさと納税制度を利用して支払うことができます。3000円分、9000円分、1万5000円分、3万円分、6万円分の5種類から選べます。

  • 私たちのワーケーションに対する考えかた

ワーケーションを通じて、次の5つの波及効果を都市と地域の双方に生み出していきます。
1.五島を訪れる方に
島外から訪れる人、一人ひとりが都市部では得られない知的・人的刺激を受け、より主体的に生きかたを選択できる体験を提供する
2.五島で暮らす方に
ワーケーション参加者との交流を通じて、地域の方も普段は得られない知的・人的刺激を受けられる機会を設計する
3.コレクティブインパクトを
さまざまな地域課題に対して、企業・行政・地域事業者が連携して継続的にコミットするきっかけを創出する
4.子どもたちに
地域の子どもたち、および都市部から訪れる子どもたちに、新しい知的刺激や教育機会を提供する
5.お金の使い方・使われ方
運営に関わる業務をできるだけ地域の事業者や人材に発注すること、観光業の閑散期に一次消費を喚起することで、地域への経済波及効果を高める
 

  • 新型コロナウイルス対応について

事務局で、次の対応を準備して開催いたします。
◆現地では三密を避けて、イベントなども屋外など開かれた空間で行います。
◆出発2週間前から参加者全員の健康状態を確認し、異常のない方のみ来島します。
◆参加者は出発前の2週間、会食や対面型イベントへの参加を控える行動を取ります。
参加者の皆さんには全員、新型コロナウイルスワクチン3回目の接種証明、もしくはPCR検査か・​抗原定性検査などの陰性結果(有効期限に来島日が含まれているもの)を提出していただきます。
◆状況によっては、五島市の判断によりこのイベントは中止となる可能性もあります。その場合、キャンセル料などは参加者のご負担になります。詳しくは公式サイトの「中止のガイドライン」に関する項目をご覧ください。

以上

【五島列島・福江島プロフィール】

五島列島南西部にある五島市最大の島。美しい砂浜などの自然景観と文化的歴史的資産が豊かな観光地です。福江島を含む五島市の観光客(年間25万人)はコロナ前までは増加傾向にあり、移住者も20代、30代を中心に毎年200人を超えるなど、UIターン先としても注目されています。また2018年に列島内の潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産に登録されたことに伴い、テレビの露出も増えています。

・人口:約3万3000人

・面積:約326平方キロメートル(名古屋市とほぼ同じ面積。車で島を一周するのに約3時間)

・アクセス:東京から最短3時間。福岡・長崎から飛行機の直行便あり。

・福江島がある長崎県五島市のホームページ「まるごとう」

http://www.city.goto.nagasaki.jp/


【五島市主催】Withコロナの”ちょうどいい生産性”を探す『余白と戯れるワーケーション』 in 五島列島 2022 50名限定 2022年5月16日 エントリー開始! | 五島市

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000202.000032871.html

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP