空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

世界の家具市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGR(年平均成長率)で成長の見込み。

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「家具市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月17日より開始した。

市場の概要
世界の家具市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

家具とは、居住空間や商業空間において、座席の配置や収納のために使用される可動式の物品を指します。椅子、テーブル、ベッド、食器棚、机、キャビネットなどで構成され、睡眠や食事などの基本的な活動をサポートします。最近では、消費者は美観、機能性、快適性に優れた家具を選ぶようになっています。収入の増加、ライフスタイルの変化、生活水準の向上に伴い、消費者は最大限の収納機能を備えた多機能な家具を購入するようになっています。

市場の動向
世界の家具市場は、主に不動産およびホスピタリティ産業の成長に牽引されています。また、観光、医療、教育分野への大規模な投資も市場に好影響を与えています。教育分野では、新しい時代の包括的でインタラクティブな反転授業に伴い、簡単に再構成できるポータブルで調整可能な家具が必要とされています。これに加えて、姿勢の乱れに関する問題を抱えている人が増えていることから、子供や大人の健康や姿勢に関する問題を解決するために、人間工学に基づいて設計された家具の需要が高まっています。 さらに、核家族化の進展により、狭いスペースにも容易に設置できる汎用性の高い省スペース型の家具が求められています。さらに、電子商取引の拡大により、オンラインプラットフォームを通じて家具を簡単に入手できるようになり、幅広い消費者層を獲得しています。また、環境問題への関心の高まりを受けて、メーカーは、廃材や繊維製品、木製パレットなどのリサイクル品や、竹、籐、海草などの天然素材を使用した持続可能な家具を導入しています。

主要な市場区分
世界の家具市場は、素材、流通チャネル、最終用途、地域に基づいて分類されています。

素材別の市場区分
・金属
・木材
・プラスチック
・ガラス
・その他

流通チャネル別の市場区分
・スーパーマーケット・ハイパーマーケット
・専門店
・オンラインストア
・その他

最終用途別の市場区分
・住宅用
・商業用

地域別の市場区分
北アメリカ
・アメリカ
・カナダ
アジア太平洋地域
・中国
・日本
・インド
・韓国
・オーストラリア
・インドネシア
・その他
ヨーロッパ
・ドイツ
・フランス
・イギリス
・イタリア
・スペイン
・ロシア
・その他
ラテンアメリカ
・ブラジル
・メキシコ
・その他
中近東・アフリカ

市場の競合状況
世界の家具市場における主要な企業としては、Durham Furniture Inc.、Haworth Inc. (Haworth International Ltd.)、Heritage Home Group LLC、HNI Corporation、Inter IKEA Systems B.V. (Interogo Foundation)、Kimball International Inc. (Interogo Foundation), Kohler Co., Masco Corporation, Okamura Corporation, Steelcase Inc., Stickley Furniture Inc.などが挙げられます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037251-furniture-market-global-industry-trends-share-size.html

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP