【多拠点生活】ADDress多拠点生活が月9,800円から始められる「新料金プラン」スタート。 全国47都道府県260軒の住まいを提供中。#多拠点生活 #住まいのサブスク #ADDresslife

目次

2023年1月25日より申込受付、同2月1日より滞在受け入れ開始へ

住まいのサブスクリプションサービス「ADDress(アドレス)」を展開する株式会社アドレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐別当隆志、以下「ADDress」)は従来の基本料金月額44,000円のサービスをリニューアルし、毎月9,800円から多拠点生活をライトに使える新料金プランの新規申込受付を2023年1月25日より開始、同2月1日より滞在受け入れをスタートする。利用日数に応じた定額の料金プランを月毎にプランを切り替えることも可能。

ADDressが運営する多拠点居住プラットフォームは2023年1月25日現在、全国47都道府県260軒の住まいを提供しています。今後もさらに物件数を拡大する予定で、早期に1,000拠点突破を目標に計画。新型コロナウイルス感染拡大の影響で企業のテレワーク化も進み、場所を選ばずに働くことのできる生活が次第に広がっていきました。その結果、コロナ以前の2020年1月と比較すると、ADDressの会員数は10倍以上に増えました。一方で、完全リモートワークを推進する企業が増える中、週数日から月数日程度の出社を求める企業の他、職種柄オフィス出社が必須のケースなど、昨今の働く環境は多様化しています。また、子育てや介護をするため、週末利用や月数日しか自宅を離れることができない人も少なくありません。


二拠点生活や多拠点生活に関心のある約12万人のメルマガ登録会員(ADDress利用前の人)にアンケートを実施したところ、未だ二拠点生活や多拠点生活へ踏み切れない理由として「時間的な余裕がない」の回答が38.28%と最も多く、多拠点生活をする目的は「普通の旅行では行かないような場所に行くきっかけにしたい」がトップの52.65%、「観光では得られないその土地の日常を体験できる」が46.87%と3番目に多く、観光目的とは異なる日常体験へのニーズが非常に高いことが分かりました(=下図参照)。同アンケートでは月5日以内の希望利用日数が37.45%と最も多く、次いで6〜10日以内が29.25%という結果でした。

こうした現状のニーズを踏まえて、ADDressでは多様な働く環境や人々の生活状況に見合った新しいプランの実施を決めました。新プランは「予約チケット制」で、利用日数に応じて金額が異なります。定額制ですが、月ごとにプランの変更も可能なため、年間の計画を見据えながらリモートワーク日や休日に照らし合わせて、自由に料金プラン変更のできる多拠点生活を手に入れられるのが特長です。

二拠点生活や多拠点生活に興味があり、やりたくてもなかなか実行できなかった人も、月数日からライトに始められます。たとえ初めて訪れる地域であっても、すべての家に「地域をよく知るコミュニティ・マネジャーである家守(やもり)」がいるので安心です。タイミングが合えば家守と直接会うこともでき、リピート滞在をする中で、家守を介した地域交流や会員同士の交流も期待できます。この機会にADDressを通して「いつもと違う日常」や「新しい人・地域との出会い」、「将来の移住先探し」をしてみてはいかがでしょうか。

1 2 3

ライター

目次
閉じる