オンラインでの住まい探しに関する調査~購入編~ 引越し経験者・検討者の約4割が「不動産ポータルサイトで検索」 #住まい探し #住宅購入 #オンライン #不動産

不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:鶴森 康史 以下、アットホーム)は、2021年3月~2022年10月に物件を購入し、引越しを経験した人および、2023年3月までに購入を検討しており、現在住まい探しをしている18~50歳を対象にオンラインでの住まい探しについて調査を実施した。

<トピックス>

  • 住まいの探し方
    ・経験者・検討者ともに「不動産ポータルサイトで検索」がトップ
    ・約7割が必ず見たい写真は「間取り図」と回答
  • 選ばれる不動産会社とは
    ・経験者・検討者ともに物件写真の枚数と見やすさを重視
    ・オンライン内見、経験者は約1割も、検討者は約2割が希望
  • オンラインでの手続き
    ・入居申込の手続きは検討者の約4割が「Webフォームに入力」を希望
    ・重要事項説明・契約は検討者の約3割がオンラインでの実施を希望

<調査結果>
■物件の探し方は経験者・検討者ともに「不動産ポータルサイトで検索」がトップ
どのように物件を探したかを聞いたところ、経験者・検討者ともに「不動産ポータルサイトで検索」がトップでした。検討者はそれに加えて「不動産会社のホームページで検索」、「不動産ポータルアプリで検索」が4割強と拮抗しました。さらに、経験者・検討者ともに、約3人に1人が「オープンハウス・モデルルーム」を訪問して探しているようです。

■約7割が必ず見たい写真は「間取り図」と回答
インターネットで物件を探す際、必ず見たい写真については、経験者は73.3%、検討者は66.0%が「間取り図」と回答しました。さらに賃貸編と同様に、「キッチン」、「風呂」、「トイレ」などの水回りが上位を占めました。検討者のうち、「トイレ」と回答した人は、広さやきれいさを確認したいという声が上がりました。

■経験者・検討者ともに物件写真の枚数と見やすさを重視
複数の不動産会社が同じ物件を取り扱っている場合の問合せ基準を聞くと、経験者・検討者ともに「物件写真の枚数が多い」「物件写真がきれいで見やすい」がトップ2となり、「写真」を重視する人が多いようです。

1 2

ライター

目次
閉じる