家賃保証事業のジェイリースに「REDエンジン」導入が決定 #与信審査 #家賃保証 #REDエンジン

目次

~新たな与信審査モデルの開発を開始~

セカンドサイトアナリティカ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 高山博和、以下、「セカンドサイトアナリティカ」という)は、ジェイリース株式会社(大分県大分市・東京都新宿区、代表取締役社長 中島拓、以下、「ジェイリース」という)に対し、セカンドサイトアナリティカが開発したAIモデルの総合実行基盤である、REDエンジンを導入。ジェイリースが保有するデータ・与信審査ノウハウを活用した、より精度の高い与信審査モデルの構築を開始する。

新たな与信審査モデルについて
この度、ジェイリースの現行の与信審査モデルに、大量のデータ処理や新モデルへの切り替えなど、実運用に必要な機能を備えたAIモデルの総合実行基盤である「REDエンジン」を導入することが決定しました。導入に際し、両社がこれまで与信審査において培ってきたノウハウを掛け合わせ、AI技術を活用した過去情報の分析を通じて、さらに高度化した与信審査モデルを構築します。
高度化した新たな与信審査モデルは、適切な与信提供を通じた顧客利益の最大化とジェイリースの収益最大化を目指すものであり、より戦略的・機動的なリスクコントロールが可能となります。
なお、新たな与信審査モデルは、2023年夏頃の運用開始を予定しております。

1 2

ライター

目次
閉じる