住空間コミュニケーション・プラットフォームの『ROOV』、Web-VR最高水準画質の新バージョンを2023年2月より提供開始! #マンション #VR内覧 #3DCG

目次

〜デバイスフリー・フルウォークスルーの操作感はそのままに、より高品質な描写が可能に〜

株式会社スタイルポート(本社:東京都渋谷区、代表:間所 暁彦、以下 スタイルポート)は、開発・提供する住空間コミュニケーション・プラットフォーム『ROOV(ルーブ https://roov.jp/)』のウォークスルー型新築分譲マンション向け3DCG内覧サービスとして導入実績数No.1※1の『ROOV walk(ルーブ ウォーク)』新バージョンを、2023年2月より提供開始する。

 『ROOV』は、「空間の選択に伴う後悔をゼロにする」というミッションを掲げ、スタイルポートが2019年4月に提供を開始した住宅販売の空間コミュニケーション・プラットフォームです。
 新築物件の売買が多い日本市場の特徴に対し、室内空間を建築図面から3DCGで再現。既存の360°パノラマ写真やCGパースでは実現できない、未竣工の室内空間を自由自在に歩き回るVR内覧を可能にしました。
 また、物件購入の際、インターネットでの情報収集が主流であることから、検討者のスマホや手元のPCでアプリをダウンロードすることなくVR内覧できる3DCG描画エンジンを独自開発。「いつでも」「どこでも」「かんたん」な物件の購入検討を可能にし、対面接客・オンライン接客どちらにも対応する住宅販売の空間コミュニケーション・プラットフォームとして、主に新築分譲マンション販売現場での導入が進行。ウォークスルー型新築分譲マンション向け3DCG内覧サービスとして導入実績数No.1を獲得しています。

 今回、サービス提供開始以来、培ってきた技術をもとに3DCG描画エンジンを一新。独自開発した新エンジンにより、Web VR最高水準※2の画質を実現しました。アプリをインストールしたり特殊機材を必要とすることなく、いつでもどこでもフルウォークスルーやさまざまなシミュレーションが手軽に、直感的に使用できる操作性はそのままに、フォトリアルなビジュアル描写を実現。これにより、従来の『ROOV walk』ならではのVRコンテンツとしての活用はもちろん、それだけに留まらない価値を提供します。

▷特設ページ:https://roov.jp/walk


■画質の圧倒的向上とROOV walkの利用シーンの拡がり

 従来、『ROOV walk』は、平面の間取図や2Dのパノラマパースなどでは難しい「空間認識のわかりやすさ」のサポートという役割をメインとしてきました。しかし、今回のバージョンアップにより、空間認識のわかりやすさに加え「魅力的な空間演出」までサポート。4K画質によるスクリーンショットや動画の書き出し機能により、SNSや公式HP、パンフレット、チラシ、DMといった集客にも利用することができます。また、UI/UXも刷新し、より直感的に操作することが可能になりました。

1 2

ライター

目次
閉じる