空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

渋谷ファッションウイーク2022春 スタート!コンセプトは「RE: RELATION」~渋谷の大型商業施設15施設が連動してファッションとアートを発信~

会期:2022年3月15日(火)~31日(木)アップサイクルボードを使用したインスタレーション「A_BOX Shibuya+Harajuku」明日公開・追加コンテンツ発表

渋谷ファッションウイーク実行委員会(実行委員長:渋谷道玄坂商店街振興組合理事長 大西賢治)は、渋谷の街からファッションとアートを発信するイベント「渋⾕ファッションウイーク2022春」を3月15日(火)よりスタートさせた。「東京クリエイティブサロン」(TOKYO CREATIVE SALON)に参画し、各地域と連動した施策である「A_BOX Shibuya+Harajuku」は明日から公開。追加コンテンツや、各施策の担当者からのメッセージを発表した。


渋⾕ファッションウイーク2022春のコンセプトは「RE: RELATION」。
これまでにない粛々を求められる中で、⾃然と意識されたのは、当たり前だったはずのヒトやモノコトとの距離。つながり。世界が⼾惑う変化の渦中でなお変わらなかった関係と劇的に変わった関係。その関係性がもたらす知覚と感性、価値観。それらと改めて向き合うことで此処渋⾕から何が⽣まれるでしょうか。

渋⾕ファッションウイークは、ファッションをキーワードに渋⾕のプラットフォームとしてサステナブルな進化を⽬指し、渋⾕から世界へファッションを通じてメッセージを発信してまいります。今回も、感染拡⼤防⽌に留意した新しい形での開催を模索しながら実施いたします。詳細は次ページ以降をご参照ください。
★追加情報につきましては決定次第、順次発表いたします。

【A_BOX Shibuya+Harajuku 】
世界の第一線で活躍するサポーズデザインオフィス(谷尻誠、吉田愛)が渋谷区立北谷公園を舞台にインスタレーション「A_BOX Shibuya+Harajuku」を展開。ストリートカルチャーの中核を担ってきた岡山のデニムを中心にハギレ、残布、古着を再利用したアップサイクルボード(ショーエイコーポレーション)を全面に用い、最小の建築とも言えるミノムシをモチーフにした大小様々なA_BOXは、テーブルやベンチとしても機能し公園のランドスケープを拡張させるインスタレーションです。「A_BOX Shibuya+Harajuku 」の室内は気鋭のフラワーアーティスト田中孝幸によるプリミティブな静謐空間で構成。

公園に広がるA_BOXをつかってワンオー主催によるフリーマーケットも開催。制作されたオブジェはすべてリサイクルされ、再生素材として還元されます。人やものを新たなリレーションで多彩につなぐ、渋谷ファッションウイークの新しい試みです。

日程:3月18日(金)~ 3月27日(日)
場所:渋谷区立北谷公園(渋谷区神南1-7-3)

■設計・デザイン:SUPPOSE DESIGN OFFICE
■フラワーアート:田中孝幸
■特別協力:株式会社ショーエイコーポレーション
■協力:豊島株式会社、DFNS

谷尻誠、吉田愛
SUPPOSE DESIGN OFFICE

谷尻誠、吉田愛率いる建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE。2000年設立。2014年より吉田愛と共同主宰。広島・東京の2ヵ所を拠点とし、住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、インスタレーションなど、国内外で幅広い分野のプロジェクトを多数手がける。
最近では、東京事務所併設の「社食堂」「BIRD BATH & KIOSK」「絶景不動産」「21世紀工務店」を開業するなど活動の幅も広がっている。主な著書に、創立20周年記念書籍「美しいノイズ」(主婦の友社)、作品集に「SUPPOSE DESIGN OFFICE -Building in a Social Context」(FRAME社)がある。

田中孝幸
大学卒業後、出版社勤務を経て独学で花の世界へ。
花卸市場勤務時にベルギーのアーティスト:ダニエル・オスト氏と出会い、世界遺産などの展示で協働後、独立。
花・植物など自然要素を表現ツールの中心に据え、文脈を重視したコンセプチャルな作品は多方面で好評を得る。
作品制作、空間デザイン、クリエイティブディレクションなどを中心に、国内外企業とのコラボレーション、地方自治体プロジェクト、雑誌連載などで多岐に活躍。
代表作には、東京の様々な街を舞台に花を生け、川上弘美や山田詠美など作家陣からの寄稿文と合わせて独自の花世界を紡ぎ出した「婦人画報」での連載『東京百花』など。

【 SHIBU-HARA MARKET】

公園通りを少し入るとセレクトショップがひしめく神南エリア。ファッション業界の人々にとって憩いの場として知られる渋谷区立北谷公園はブルーボトル渋谷カフェを迎え、昨年リニューアルしました。
今回インスタレーション「A_BOX Shibuya+Harajuku」のオブジェを使って新しいスタイルのフリーマーケット「SHIBU-HARA MARKET」を開催します。
ファッションやインテリアのスタイリストやショップ店員など様々なキーマンがとっておきのアイテムを放出します。

日程:3月26日(土)
時間:11時00分~17時00分
会場:渋谷区立北谷公園(渋谷区神南1-7-3)
※雨天の場合3月27日(日)開催予定

【TOKYO CREATIVE SALON Street Snap 】
会期中、style-arena.jpによるファッションスナップ撮影を、A_BOXの周辺で実施。
各エリアのドレスコードを取り入れたファッションで会場にお越しのお客様にお声がけします。
撮影したスナップは、style-arena.jpサイトに掲載。

日程:3月26日(土)
時間:12時00分~17時30分
会場:渋谷区立北谷公園(渋谷区神南1-7-3)
参加賞特典:オリジナルステッカー他
※実施時間変更の可能性がございます。

【TOKYO CREATIVE SALON Dress-Code 】
各エリアのテーマカラーを身につけたファッションでA_BOX前に来ていただいた方に、東京クリエイティブサロンオリジナルステッカーをプレゼントします。

日程:3月18日(土)~3月27日(日)
時間:11時00分~20時00分
会場:渋谷区立北谷公園(渋谷区神南1-7-3)
参加賞特典:オリジナルステッカー

渋谷エリアのドレスコードは、「グリーンを取り入れたファッション」です。
その他のエリアのドレスコードは、東京クリエイティブサロンの公式サイトよりご覧ください。
公式サイト:https://tokyo-creativesalon.com

【分散回遊型イベント FASHIONART(ファッショナート)】
東京の街全体を舞台にのべ22万人規模のデザイン&アートフェスティバルを展開するDESIGNARTによる分散回遊型イベント「FASHIONART」。今春も商業施設や路面店、遊休スペースなどを活用してアートを展示します。様々なカルチャーを牽引してきた渋谷における施設やエリアの特性を活かしたコンテンツの回遊を、アート・コミュニケーションプラットフォームアプリ「ArtSticker」でさらに楽しめます。

青木昭夫
DESIGNART代表取締役兼MIRU DESIGN代表取締役。クリエイティブディレクター

デザインイベントのディレクターを経て2009年MIRU DESIGNを始動。ファッション、アート、建築、インテリア、プロダクトなどさまざまなクリエイターのネットワークを活かし、企業のブランディングや展示会の企画・プロデュースを行う。2017年より国内最大級のデザイン&アートフェスティバル「DESIGNART TOKYO」の代表を務める。
http://designart.jp/

KOTA KAWAI「UNIVERSAL」
(作家:KOTA KAWAI)
会場:RAYARD MIYASHITA PARK South1F &base
日程:2022年3月15日(火)~3月31日(木)
時間:11時00分~21時00分 
※感染症拡大防止のため政府および自治体の協力要請などにより、営業時間に変更が生ずる場合がございます。

Natural × Artificial
(作家:渡部未乃)
会場:渋谷スクランブルスクエア 8F
日程:2022年3月15日(火)~3月31日(木)
※作家在廊予定日:3月15日(火)、3月31日(木)
時間:10時00分~21時00分
※最新の営業時間についてはスクランブルスクエア公式HPをご覧ください。

瀬戸優展「Flyer’s high」
(作家:瀬戸優)
会場: sequence MIYASHITA PARK 
(4Fホテルロビーラウンジ)
日程:2022年3月15日(火)~3月31日(木)
時間:8時00分~21時00分
※社会情勢に基づき、変更する場合がございます。

VACANCIES
(作家:長尾洋)
会場: 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル3F
日程:2022年3月15日(火)~3月31日(木)
時間:13時00分~19時00分

Thermomacy
(作家:平澤賢治)
会場: Q’S EYE/渋谷駅前ビジョン
日程:2022年3月15日(火)~3月31日(木)

ArtSticker 
ArtSticker(アートスティッカー)は、アートに出会う機会と、対話を楽しむ場所を提供し、アート鑑賞の「一連の体験をつなぐ」プラットフォームです。
著名アーティストから注目の若手アーティストの作品まで、幅広く収録。作品のジャンルも、インスタレーション、絵画、パフォーミングアーツなど、多岐にわたっています。

渋谷ファッションウイークの詳細や、アートにまつわる情報はこちら。
https://artsticker.app/events/1122

アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker(アートスティッカー)」では、アート作品の位置情報を地図で確認したり、気に入った作品に感想を送ることもできます。

【渋谷とファッションの過去と未来を語る supported by Shibuya Fashion Week 2022 Spring】
日程:2022年3月30日(水)
時間:19時開始~20時終了予定(延長の場合もあり)
出演者:
長田麻衣(株式会社SHIBUYA109エンタテイメント マーケティング戦略部 エキスパート SHIBUYA109 lab.所長)
高野公三子((株)パルコ『ACROSS』編集長)
金澤佑香(ミヤシタパーク 三井不動産株式会社 商業施設本部 アーバン事業部 運営企画G)
会場:渋谷・東京カルチャーカルチャー(渋谷駅徒歩5分・渋谷cocotiビル4階)
会場URL:http://tokyocultureculture.com/

You Tube配信リンク: https://www.youtube.com/channel/UCyZ_bo9-DvtoOpMQ7lAo_Yw

【渋谷とファッションの過去と未来を語る(店員編) supported by Shibuya Fashion Week 2022 Spring】
日程:3/28(月・夜) ※時間近日発表
出演者:アパレルショップ店員多数 ※後日発表
会場:東京カルチャーカルチャー
会場URL:http://tokyocultureculture.com/

You Tube配信リンク:
https://www.youtube.com/channel/UCyZ_bo9-DvtoOpMQ7lAo_Yw

【SHIBUYA STYLE 】

渋谷ファッションウイーク参加11施設の最新アイテムを身に纏い渋谷各所で撮影したオリジナルルックポスターが、東急東横線・田園都市線車内に登場します。
キービジュアルとルックポスターは、渋谷と縁(ゆかり)が深く今年11周年を迎える株式会社れもんらいふ代表・アートディレクター千原徹也氏が制作しました。
掲出期間:3月21日(月)~27日(日)
掲出場所:東急東横線・田園都市線
☆掲出日以降、オフィシャル撮影にて車内掲出画像のご提供可能予定です。

【渋谷ファッションウイーク実行委員会 実行委員長からのメッセージ 】

大西 賢治
渋谷ファッションウイーク実行委員会 実行委員長
渋谷道玄坂商店街振興組合 理事長

コメント
今春は「RE:RELATION」をコンセプトに渋谷ファッションウイークを開催します。
コロナ禍での開催も5回目となり、これまでにない環境での毎日に、当たり前だったはずのヒトやモノ、コトとの距離や繋がりに気づかされたことも多かったのではないでしょうか。
この春はそれらと改めて向き合うことで新しい発見を生み出すことを目指し、感染拡大防止に配慮した様々な企画を実施します。
今春もファッション・アートを通じて、渋谷から前向きなパワーをお届けしたいと考えています。

【 各施策の担当者からのメッセージ 】

谷尻誠、吉田愛
SUPPOSE DESIGN OFFICE

コメント
渋谷に事務所を構えてから12年。
今も変わらず拠点としている渋谷の魅力は、変化や違いを受け入れる感覚や新陳代謝を楽しもうとするエネルギー、そこから生まれる新たなカルチャーだと思う。
渋谷・ファッションというキーワードから自身の発想の根っこにある “新たな価値を発見し続ける”という視点で提案したのが洋服のような建築です。
木端を衣としそれ自体が住空間ともいえる “ミノムシ建築”のように建築と洋服の“あいだ”があってもいいんじゃないかなと。
簡易な骨組みとハギレによる建築はイベント終了時に全ての素材が分別可能な作りでリサイクルされ、その用途もスケールの操作でベンチ、什器、建築へと使われ方によって様々に変化します。
既成概念にとらわれず自由な視点で公園での体験に参加して空間を楽しんでもらいたいです。

千原徹也
アートディレクター/株式会社れもんらいふ代表

コメント
渋谷のことを考えるいい機会です。
SFWのビジュアルを作って3期目ですが、ビジュアルのアイデアを考える際に、今、渋谷の日本や世界における立ち位置って本当に重要なの?とか、若者の文化って発信できてる?とか、絵作りをしながら渋谷の課題が見えてきます。渋谷に事務所を構える1人として、渋谷に僕は何ができるのだろう?とか、渋谷らしいデザインってなんだろう?とか、、、いつの間にか僕は、やっぱり渋谷が大好きだということに気づくのです。

詩羽 
水曜日のカンパネラ アーティスト

コメント
今回渋谷ファッションウイーク2022春のキービジュアルとLOOKモデルとして起用していただき、本当に嬉しく思います!
フリーの時から「何かご一緒したいですね」とお話をしていた千原さんと初めてさせていただいたお仕事。
馴染みのある渋谷の街で、私のアイデンティティの一つでもある『ファッション』が中心になる時期。そんな期間に渋谷の街中で私のことを見れるなんて…。
スクランブルスクエアの大きなモニターに、ビビットピンクを身にまとう巨大な私がロボットのように登場する動画は面白おかしく、そして何よりも可愛いです。
15日から本格的に始まり街に私がたくさん現れると思います!
忙しない渋谷の街で少し立ち止まって、私のことを見つけてもらえたら嬉しいです。

【スケジュール】
開催期間中、渋谷各所で楽しんでいただけるコンテンツを展開します。

【渋谷ファッションウイーク2022春 概要】
・開催期間:2022年3月15日(火)〜3月31日(木)
・開催場所:渋谷駅周辺エリア各商業施設ほか(リアル・オンライン)
・参加施設:cocoti SHIBUYA、SHIBUYA109渋谷店、渋谷キャスト、渋谷スクランブルスクエア、
渋谷ストリーム、渋谷PARCO、渋谷ヒカリエ、渋谷ヒカリエ ShinQs、渋谷マークシティ、
西武渋谷店、東急百貨店本店、東急プラザ渋谷、MAGNET by SHIBUYA109、
RAYARD MIYASHITA PARK、Bunkamura
・主催:渋谷ファッションウイーク実行委員会
・特別協力:東急グループ
・後援:渋谷区、東京商工会議所渋谷支部、一般財団法人渋谷区観光協会、
渋谷区商店会連合会中央ブロック、大向地区町会連合会、氷川地区町会連合会、
一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構、一般財団法人 日本ファッション協会、
一般社団法人 日本アパレル・ファッション産業協会、経済産業省、
一般社団法人日本メンズファッション協会
・協力:シブヤ経済新聞、一般社団法人渋谷駅前エリアマネジメント、DESIGNART TOKYO、
東急電鉄株式会社、渋谷のラジオ
・メディアパートナー:fashion trend news、ONBEAT、ART news JAPAN
・公式サイト:www.shibuya-fw.com
・インスタグラム:https://www.instagram.com/shibuyafashionweek/

【「渋谷ファッションウイーク2022春」開催コンセプト】
RE: RELATION
これまでにない粛々を求められる中で、自然と意識されたのは、当たり前だったはずのヒトやモノコトとの距離。つながり。世界が戸惑う変化の渦中でなお変わらなかった関係と劇的に変わった関係。その関係性がもたらす知覚と感性、価値観。それらと改めて向き合うことで此処渋谷から何が生まれるでしょうか。

【渋谷ファッションウイークとは】
渋谷ファッションウイークは、渋谷という街を世界に開かれた観光拠点にしていく“国際文化観光都市・渋谷”構想のもと、2014年3月に初開催しました。以降、毎年春と秋に開催し、今春、17回目を迎えます。これまで渋谷駅周辺の大型商業施設が中心となり、施設との垣根を超えて多彩なパートナーとともに渋谷ならではのカルチャー発信を展開してきました。
渋谷ファッションウイークのハイライトとなっている「SHIBUYA RUNWAY」では、渋谷のユニークヴェニューでファッションショーを実施し、ファッションの街・渋谷を一層盛り上げてきました。2021年春の開催では、世界初となる渋谷スクランブル交差点での「SHIBUYA RUNWAY」を実施して、オンライン配信をおこないました。世界が様変わりする中、渋谷の街の歩みを止めることなく発信する方法を、ニューノーマルな生活様式に適用した形を模索しながらの開催に挑戦しました。
公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/c/SHIBUYAFASHIONWEEK
渋谷ファッションウイーク2021春 ファッションショー「SHIBUYA RUNWAY “THE DESIGNER”」 
参加ブランド:KANSAI YAMAMOTO
(2021年3月15日公開:https://www.youtube.com/watch?v=Vv7o22Sk8bk&t=23

【東京クリエイティブサロン 概要】
・正式名称 :東京クリエイティブサロン(TOKYO CREATIVE SALON)
・開催期間 :2022年3月15日(火)〜3月31日(木)
・開催エリア :日本橋、丸の内、銀座、渋谷、原宿
・主催 :東京クリエイティブサロン実行委員会(JAFIC[日本アパレル・ファッション産業協会])
・公式サイト :https://tokyo-creativesalon.com


渋谷ファッションウイーク2022春 スタート!~渋谷の大型商業施設15施設が連動してファッションとアートを発信~|渋谷ファッションウイーク実行委員会
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000042545.html

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP