福知山公立大学2022地域活性化策コンテスト「田舎力甲子園」を開催し、最優秀賞を決定! #田舎 #高校生 #地域活性化 #コンテスト

目次

全国の高校生から応募があった地域活性化策54策の中から、最終プレゼンテーションにより最優秀賞1策・優秀賞3策・奨励賞3策決定!

 地域を豊かにするアイデアや、地域社会の持続・発展に向けたアイデアなどの地域活性化策を高校生から募集する「福知山公立大学2022地域活性化策コンテスト『田舎力甲子園』」を開催し、全国の高校から54策の応募があった。
 第一次審査を経て迎えた2022年12月11日(日)の最終審査会では、最終審査に進んだ11校(11策)のプレゼンテーションが行われ、岡山県立倉敷鷲羽高等学校(ビジネス科3年生)の「全国26校43商品が岡山に集結! ~SDGsいちななまるしぇで地域を元気に!」を最優秀賞に決定した。

2022年12月11日(日)、福知山公立大学2022地域活性化策コンテスト「田舎力甲子園」最終審査会をオンライン(Zoom)で実施しました。

今年で10回目の実施となった「田舎力甲子園」。福知山公立大学「田舎力甲子園」実行委員会では、2022年7月15日から10月28日までの約4ヶ月間にわたり、全国の高校生を対象に5分以内の動画にまとめた地域活性化策を募集しました。その結果、54策(個人4策、グループ50策)の応募があり、審査委員会による第一次審査を経て11策(11校)を最終審査策に決定しました。 この11策(11校)の高校によるプレゼンテーションを12月11日(日)の最終審査会で行いました。

最終審査会では、最終審査策に選ばれた11策(11校)による7分間のプレゼンテーションを行い、審査委員からの質疑に答えました。高校生たちは、それぞれが考案した「地域を元気にする高校生の活性化策」について、発表方法や動画編集には様々な工夫が凝らされ、内容とともに非常にレベルが高いプレゼンテーションが行われました。

厳正なる審査の結果、最優秀賞1策、優秀賞3策、奨励賞3策が決定し、最優秀賞には岡山県立倉敷鷲羽高等学校(ビジネス科3年生)の「全国26校43商品が岡山に集結!~SDGsいちななまるしぇで地域を元気に!」が選ばれました。審査委員からは、「高校内での取組みに留まらず、県内・全国・世界に向かって動こうとしている熱量・行動力が評価された」ことの講評がありました。

1 2 3

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる