オープンハウスpresentsメタバースクリエイティブアワードfeaturingFortnite関口メンディー氏をはじめ豪華審査員陣を発表 #メタバースクリエイティブアワード #クリエイター #フォートナイト #関口メンディー

目次

年末にメタバースのクリエイターたちの祭典を開催

 株式会社オープンハウスグループ(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 荒井正昭、以下「当社」)は、Fortniteで活躍するメタバースクリエイターたちの祭典、「オープンハウスpresentsメタバースクリエイティブアワードfeaturing Fortnite」の審査員を発表した。

 このアワードはFortnite上のクリエイティブモードで創作されたオリジナルのメタバースを対象に、審査員を最も感動させた作品を選ぶ祭典で、Fortniteに特化したメタバース空間創作スタジオである株式会社NEIGHBORにより運営されます。審査員は、関口メンディーさん、髙藤直寿さん、濱村崇さん、徳力基彦さんの4名に決定いたしました。

関口メンディー氏

2012年11月、GENERATIONS from EXILE TRIBE パフォーマーとしてメジャーデビュー。2014年4月にEXILE新パフォーマーに決定し、EXILEに加入。GENERATIONSと兼任しながらEXILE、HONEST BOYZ®として、またバラエティー番組出演や、近年は俳優としても活動し、マルチに活動の幅を広げている。2022年11月に自身でプロデュースしたフォートナイトメタバース「ミラランド」を発表。関口メンディー氏よりコメント「このような機会に立ち会えること、心から嬉しく思います。子供の頃から慣れ親しんだ、ゲームはもはやその域を超えて、クリエイティブなものへと形を変えていきました。クリエイターの皆さんにとって、この機会が人生においての【点】、思い出として残っていってもらえたら嬉しいです。」

髙藤直寿氏(パーク24所属)

1993年生まれ、栃木県出身。7歳で柔道を始める。足技に加え、肩車など多彩な技を持つ。東海大2年の時に初出場した世界選手権で優勝。五輪初出場の2016年のリオデジャネイロ大会で銅メダルを獲得。17年から世界選手権で2連覇を果たすも、19年の世界選手権ではメダルを逃す。19年のグランドスラム・大阪と20年のグランドスラム・デュッセルドルフで優勝して代表争いを制し、2大会連続の五輪代表となった。東京2020大会では、日本代表選手団の金メダル第1号に輝いた。22年10月の世界選手権では18年以来4度目の優勝を決め、山下泰裕らの日本男子最多記録に並んだ。

濱村崇氏

2022年春にハル研究所を退職。その後フリーランスとしてディレクション業務を行う傍ら、ゲーム制作ノウハウに関する発信やコンサル等も行っている。代表作「星のカービィ参上ドロッチェ団」ディレクター/「鏡の大迷宮」「あつめてカービィ」企画。

徳力基彦氏

note株式会社 noteプロデューサー/ブロガー。NTTやIT系コンサルティングファーム等を経て、アジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。代表取締役社長や取締役CMOを歴任。現在はnoteプロデューサーとして、ビジネスパーソンや企業におけるnoteやSNS活用のサポートを行っている。

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる