アート 「 入退室管理 」 に新しい顔認証「 キヤノン独自開発のAI顔認証技術 」 を利用した一元管理システムを2022年12月より全国販売開始。 #入退室管理システム #顔認証 #AI

目次

~ AIを用いた認証方式によって本人確認を行う、キヤノン独自開発のエンジンを搭載した顔認証技術 ~

入退室管理システムメーカーの株式会社アート(本社:東京都品川区、代表取締役社長:関本祥文、以下アート)は、キヤノン独自開発のAI顔認証技術を利用した、アートの 「 入退室管理システムX-LINE(エックスライン)」 を全国に販売する。

■ キヤノン独自開発のAI 顔認証技術を利用したネットワークカメラシステムと連携
  従来、 「X-LINE」 と 「ネットワークカメラシステム 」 は、別々のシステムとして導入されていましたが、今回の連携により、キヤノン独自開発のAI 顔認証技術を利用したネットワークカメラシステムとの一元管理が可能となりました。近年のネットワークカメラシステム事情として、 「 高スペックサーバーによる管理に依存しすぎている 」 など多数の課題への対応策を求められてきましたが、今回の連携により、⾧時間稼働対応の通常の産業用パソコンを利用できる、新たな顔認証端末のひとつとしてご提供いたします。なお、「 Suica スマートロック 」 との連携により、お手持ちSuica も入退室の鍵としてお使いいただけます。

■ システム構成:入退室管理 「 X-LINE 」
+ 「 キヤノン独自開発のAI 顔認証技術を利用したネットワークカメラシステム 」

■ システムの全体イメージ

■ 上記キヤノン製AI 顔認証技術の採用実績
(1)世界基準の運営品質を提供する西東京データセンター 「2号棟 」 を竣工
キヤノンの顔認識技術を使用した入退室認証システムを構築
( https://www.canon-its.co.jp/news/detail/20201016idc_west_tokyo.html )

(2)クラウド型テレワーク支援サービス 「 テレワークサポーター 」 の新バージョンを提供開始
~マスク着用でも顔認証が可能に~
( https://www.canon-its.co.jp/news/detail/20210705telework.html )

1 2

ライター

目次
閉じる