新しい不動産取引の形!「すみつぎ」β版事前登録ユーザー募集!買主から支払われる毎月の分割払い代金を受け取ることで老後の生活資金に充てることができるサービス。 #不動産マ売却 #不動産 #老後

株式会社ライクライフ(本社:東京都千代田区、代表取締役:井門慶介)は、本日12月7日より、個人の自宅不動産の割賦売買取引サービス「すみつぎ」のβ版をローンチし、正式版ローンチ前の事前登録ユーザーの募集を開始した。

「すみつぎ」サービス概要
 「すみつぎ」とは、高齢者の保有する自宅不動産を毎月の分割払いにて購入することのできる不動産のマッチング及び取引プラットフォームです。「すみつぎ」においては、高齢者は、自宅に住み続けたままの状態で自宅を売却し、買主から支払われる毎月の分割払い代金を受け取ることで老後の生活資金に充てることができます。また、購入者にとっては、これまで不動産の購入に際して現金一括払いか金融機関が提供するローンを利用する以外に方法がなかった不動産取引において、毎月の分割支払いにて購入するという新たな選択肢を提供することができます。

【サービスの特徴】

売却後も自宅に住み続けられる安心
売主である高齢者は、自宅物件の売買代金の全額について支払いを受けたのちも、引き続き無償で自宅に住み続けることができ、自宅の買主への引き渡し時期は、売主である高齢者が同物件に居住しなくなった時点(典型的には、死亡や施設への永続的な入所などを想定)となります。これにより、高齢者は将来の住居への不安を感じることなく、自宅を処分して現金収入を得ることが可能となります。

憧れの住まいを最大50%OFFローン無しで
買主は、物件代金を一定期間にわたって分割で支払う必要があり、さらに代金を全額支払った後も売主である高齢者が同物件で生活されている限り、物件の引き渡しを受けることはできませんが、その分2〜5割のディスカウント価格で購入することができます。但し、物件代金の支払い期間中に売主である高齢者の方が同物件に居住しなくなった時点で物件の引き渡しを受けることができ、その時点以後の分割代金については支払義務を免除されます。
また、一般的に中古住宅の個人間売買ではローンの利用が難しく、またローンが利用できる場合であっても不動産価格の1〜2割程度の頭金が必要となる場合が多いですが、「すみつぎ」を利用すると毎月分割で支払うためローンの利用や頭金の支払いが不要となります。

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる