2022年第3四半期 ハイクラス賃貸住宅市場動向  ~賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏・福岡県~ #不動産評価 #賃貸 #市場レポート

不動産評価サービス「TAS-MAP」( https://corporate.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:絹川 善明)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2022年11月」を発表した。

今月号では、トピックスとして「2022年第3四半期 ハイクラス賃貸住宅市場動向」を掲載。また、2022年9月期の最新賃貸住宅指標(空室率TVI-タス空室インデックス-、募集期間、更新確率、中途解約確率、賃料指数)を掲載している。

「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版2022年11月」

https://go.tas-japan.com/l/592651/2022-11-28/3h9rsx

■レポート概要

1. 2022年第3四半期 ハイクラス賃貸住宅市場動向

東京23区ハイクラス賃貸住宅の空室率TVI(J-REIT比較)

タスでは、賃料の月額m2単価(以下、円/m2月)が4,000円以上かつ専有面積が40m2以上のRC造・SRC造の物件をハイクラス賃貸住宅と定義し、これをさらに「4,000~5,000円/m2月」「5,000円/m2月超」の2クラスに分類して定期的に市場動向を公表しています。高級賃貸住宅としては、ケン不動産投資顧問の「家賃30万円/月以上あるいは専有面積100m2以上」という定義がありますが、5,000円/m2月超のクラスがこの定義に近いものとなります。

上図に東京23区の空室率TVI※1の推移とJ-REIT※2の東京23区の空室率を示します。
空室率TVIは、両クラスともに2021年以降は改善に転じており、東京23区全体の空室率と比較して6~7ポイントほど低い2.5~3.5ポイントで推移しています。J-REITの空室率もハイクラス賃貸住宅の空室率TVIと概ね似た動きとなっており、ハイクラス賃貸住宅の指標は、J-REITの投資分析を行う際に補完としても活用できることがわかります。

※1 空室率TVIの単位はポイントですが、空室数を総戸数で控除して算出しているためパーセントに読み替えても差し支えありません
※2 アドバンスレジデンス投資法人、大和証券リビング投資法人

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる