共同住宅の戸別改修用玄関ドアリフォーム商品「ドアリモ マンションドア」 「ドアリモ アパートドア」同時発売 #玄関ドアリフォーム #ドアリモ #共同住宅

目次

玄関ドアリフォームの提案を戸建住宅から共同住宅へ領域拡大

 YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、共同住宅の玄関ドアを1戸単位でリフォーム可能な戸別改修用玄関ドア「ドアリモ マンションドア」と「ドアリモ アパートドア」の2商品を、2023年2月6日から同時発売する。今までは戸建住宅の玄関ドアリフォームを対象としていた「ドアリモ」が、マンションとアパートにおいても1日施工で使用できるようになった。

■ ドアリモ マンションドア

 分譲マンションの玄関ドアは「共用部分」と位置づけられており、玄関ドアの修繕は管理組合が計画修繕により実施しなければなりませんが、YKK AP調べによると計画修繕時に玄関ドア交換が実施された比率は僅か約13.5%(※1)で、玄関ドアの経年劣化による錆の発生や錠部品の不具合により、開閉が困難になっているケースも多く見受けられます。
 それに対し平成28年3月に国土交通省の「マンション標準管理規約」が改定され、区分所有者が理事会に申請を行い、承認を受けることで、戸別の玄関ドア改修が実施できるように見直されました。

「ドアリモ マンションドア」施工イメージ

 「ドアリモ マンションドア」はこの“戸別改修”に特化した商品で、1戸単位で行うドア改修で課題となっていた作図の手間を解消し、納期も従来の約半分に短縮しました。

 マンションの開口部は共用部である事や修繕積立金での費用捻出が課題になることなどもあり、これまで改修が進んできませんでしたが、YKK APはマンションの窓の戸別改修に特化した「マドリモ 断熱窓 マンション用」(2020年発売)と、この度発売する「ドアリモ マンションドア」をセットでご提案し、「マンションの窓・ドアも当たり前に変えられること」を広く社会に発信し、ストック循環型で持続可能な社会の実現にむけ取り組んでいきます。


■ ドアリモ アパートドア

「ドアリモ アパートドア」施工イメージ

 木造賃貸アパートは1970年頃から急速に着工戸数が増加し、約400万戸はリフォームが必要になってくる築20年~50年となっています(※2)。築年数が経過したアパートは建物の劣化が進み、外観イメージが低下する一方、近隣には競合の新築アパートが建設されるなど、入居率を下げない為にアパートオーナーは対策を打つ必要があります。


 「ドアリモ アパートドア」は、壁を壊さず今あるドア枠に新しいドア枠をかぶせて取り付けるカバー工法を採用する事で、1日でかんたんに玄関ドアを交換できる商品です。バリエーションに富んだ9デザイン・13カラーから選択可能で、外壁を塗り替えてもどこか古さが残る外観を「ドアリモ アパートドア」で一新し、アパートの外観をリフレッシュする事で物件の資産価値向上に貢献します。

※1:YKK APが実施したWEBアンケート「分譲マンションの困りごと」調査にて1,100人を対象に2020年に実施
※2:「平成30年住宅・土地統計調査結果」(総務省統計局)より。民営借家 長屋建・共同住宅(3階以下)

「ドアリモ マンションドア」
【商品特長】
■作図レス・短納期の実現

マンションの玄関ドアは、通常特定防火設備となる事から、枠・扉共にスチール製で構成されています。スチールの枠は現場で切断・加工するのが困難な事から、既設の枠や外壁、内壁との取り合いなどの詳細な寸法を現地で1戸ごとに調査・測定して図面化する必要があります。この作図に手間がかかるほか、その図面を基に工場に発注し、施工現場の状況に合わせて加工して出荷する為、製品の納期も長く、施工業者が工事の日程を組むのが1か月半以上先になるというケースもあります。
そこで「ドアリモ マンションドア」では、この既設の壁との取り合い部分をきれいに納めるための額縁を、現場での切断・加工が容易なアルミで構成しました。アルミ額縁を現場合わせで切断・加工して取り付ける事により、スチール枠の形状を規格化し、今まで必要だった詳細な図面化の作業が不要になりました。また、納期も実働約14日となり、従来から大幅な納期短縮を実現しました。

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる