「ウッドデザイン賞2022」表彰式・受賞作品展示・記念シンポジウムを開催 #ウッドデザイン賞 #建築 #SDGs

目次

~「農林水産大臣賞」「経済産業大臣賞」「国土交通大臣賞」「環境大臣賞」の受賞者が登壇した「表彰式」「記念シンポジウム」「受賞作品展示」開催~

「ウッドデザイン賞2022」では、11月9日に「農林水産大臣賞」「経済産業大臣賞」「国土交通大臣賞」「環境大臣賞」の4つの大臣賞である最優秀賞と優秀賞、奨励賞を合わせた28点の上位賞を発表した。
12月7~9日(水~金)に開催されるSDGs Week EXPO2022「エコプロ2022」(於:東京ビッグサイト 東ホール)において、本年度の188点の「受賞作品展示」、12月7日(水)午前には上位賞の「表彰式」、 午後には「記念シンポジウム・パネル展示・交流会」(於:東京ビッグサイト 会議棟)を開催する。

  • 本年度から刷新した「ウッドデザイン賞」

「ウッドデザイン賞」は、木で暮らしと社会を豊かにするモノ・コトを表彰し、国内外に発信するための顕彰制度です。

 2015年に創設され、今回で8回目を迎えます。本年度より一般社団法人日本ウッドデザイン協会が主催となり、SDGsなどの時代にニーズに合わせた審査ポイントに刷新し、応募分野の拡充等を実施しました。さらに、これまでの最優秀賞「農林水産大臣賞」に加え、新たに最優秀賞として「経済産業大臣賞」「国土交通大臣賞」「環境大臣賞」を創設いたしました。

「ウッドデザイン賞2022」の応募総数は330点、10月6日には「ウッドデザイン賞2022」の受賞作品188点を発表しました。
さらに、11月9日には「木の活用による社会課題の複合的な解決をもたらし、イノベーション・新産業創出に寄与する作品」を「最優秀賞」として「農林水産大臣賞」「経済産業大臣賞」「国土交通大臣賞」「環境大臣賞」を各1点(合計4点)、「優秀​賞」として「林野庁長官賞」を9点、「奨励賞」として「審査委員長賞」を15点と、上位賞28点を発表しました。

左上から農林水産大臣賞「MOKUWELL HOUSE」、経済産業大臣賞「ワーカーのウェルビーイングな働き方をサポートするビッグテーブル『シルタ』」、国土交通大臣賞「HULIC &New GINZA 8」、環境大臣賞「SANU 2nd Home」

そして、この度、12月7~9日(水~金)に東京ビッグサイトで開催されるSDGs Week EXPO2022『エコプロ2022』の「森と木のSDGsゾーン」内で「受賞作品展示」を実施します。

また、12月7日(水)午前には『エコプロ2022』の「特設ステージ」で上位賞の「表彰式」を、午後には会議棟で、最優秀賞受賞者や審査委員が登壇した『記念シンポジウム』、「ウッドデザイン賞2022」受賞者等による『パネル展示』および来場者との『交流会』を開催します。

  •  「ウッドデザイン賞2022」表彰式
SDGs Week EXPO2022「エコプロ2022」特設ステージでの表彰式(写真は2021年度の様子)

SDGs Week EXPO2022「エコプロ2022」特設ステージでの表彰式(写真は2021年度の様子)《日時》 2022年12月7日(水) 10:00~11:00
《場所》 「エコプロ2022」特設ステージ
    (「東京ビッグサイト」東6ホール、小間番号:6-904)
《内容》(1). 主催者挨拶・来賓祝辞
    (2).「最優秀賞(各大臣賞)」賞状授与・記念撮影、
      授与者・受賞者コメント
    (3).「優秀賞(林野庁長官賞)」賞状授与・記念撮影
    (4).「奨励賞(審査委員長賞)」 賞状授与・記念撮影
    (5). 審査委員長 講評

1 2

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる